So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

林業試験場のヒメアオキが熟してきた [日常]

午前中は大学業務で一年生のガイダンスに参加。うちの学科は3分の1が県内出身者で、例年よりも割合が高い。自己紹介を聞いていると、ここ数年とはちょっと違った傾向みたい。どうも魚採りが好きな学生が数名いるようす。残念ながら、大学周辺の田んぼや用水ではあんまり魚の多様性は高くないなあ。クワガタ好きとかタナゴ好きとかいるらしい。久しぶりに来週の講義で身近な生きものを5種あげてもらうアンケートやってみようかしらん。

午後は大学院生の調査につき合って、林業試験場のヒメアオキの様子を見に行く。さすがにカントウマムシグサはもう食べられないだろう。積雪が多すぎると春の雪解け後も食べられないので、果実消費率はあまり高くなさそう。こういった年には秋の早い段階で果実が利用されないと、あまり食べられずに終わってしまうのか?

角間のヒメアオキはほとんど赤く熟しているけど、林業試験場は場所によって違いが大きい。積雪が多かった場所はまだ緑色の果実もちらほらみられる。ただ、去年よりも結実数は多そう。カメラもおけそうなくらいの果実はありそうなので、調査はできそう。ただ、サクラは雪による枝折れ被害が大きく、かなりのダメージを受けている様子。ソメイヨシノは終わりかけ、ヤマザクラやオオシマザクラは満開くらい。クロサンショウウオは卵のうの傍でウロウロしている個体を見かけた。水際に転がっていた卵はヒキガエルだったのか?ずっかり吸水して膨らんでいた。

P4091692.jpg

P4091693.jpg

P4091694.jpg

P4091701.jpg

P4091702.jpg

スギ林の林床ではサカゲイノデがでてきた。明るいところでは、ネコノメソウが開花して、アサツキが大きくなってきた。時々朝市でも売っているのを見かけるので、すっかり春ですな。

P4091696.jpg

P4091686.jpg

明日から前期がはじまる。しばらく忙しい…。
コメント(0) 

ESJ65四日目 [学会]

今朝はバイキングではなく、和食のお店へ行ってみる。窓際の席で非常に眺めがよい席だったけど、料理はバイキングのほうが良かったかな。明日はまたバイキングに戻ることにしよう。

朝一番にポスターを張っておいて、あとは総会に参加。懇親会の次の日が総会だったので、参加者数が少ないことが心配されたけど、理事の皆さんは欠席することなく、みなさん参加。すばらしい。ただ、総会会場は100名ほどのスペースで十分だよなあ。例年とはちょっと違って、会計の部分はわたしが説明。科研費がとれないと大幅な赤字になるんだけど、みなさん意義なさそう。まあ、1年くらいならこの赤字になっても問題はないかという判断なんだろうけど。

表彰式後は第二総会に参加し、その後は第一回理事会に参加しながら、お弁当を食べる。コアタイムの終わりかけになって、ポスター会場に出現してみると、縮小版はすでになくなっていた。午前中とかコアタイムに来ていただいた人には申し訳ないけど、すでに論文が出ているので、そちらを読んでもらうことにしよう。2時間ほどポスター会場でぱらぱらとやってくる人に簡単に解説。イチョウの話をしたときもそうだけど、タイのサイチョウの話をする時よりも圧倒的に聴衆が多い。まあ、身近な生きものの方が話題として興味をひくんだろうなあ。来年は○○の種子散布の話題提供できるように論文化してしまおう。

夕方は実行委員会の引継ぎ会議、途中からシステム改修の会議に参加。来年度は神戸大会、その次は中部大会。神戸大会はいろいろな意味で実験場的な意味合いがあるので、なかなか大変そう。その後は執行部の打ち上げでジンギスカンをいただく。今回の初ジンギスカン。結構わかりにくい場所だったらしく、みなさん到着までに苦労した様子。食べ放題といわれても一番若いのが私なので、それほどみなさん食べられません。2時間ほどおいしくいただいてすでに23時。

ここからさらにセンター飲み会に合流。歩いて出かけたけど、途中、電話で呼び出され、合流。すでにみなさんできあがっていますな。ほぼ20年前と変わらんような感じの飲み会メンバーで、教授になったメンバーをお祝いする会らしい。○○なくても教授になれるんだ!との名言(迷言?)があったらしい。閉店まで飲み明かし、その後、ホテルでの見続けるグループとはお別れして、宿に戻る。25時ですがな…。まあ、明日は朝の打ち合わせがないので、のんびりしよう。
コメント(0) 

ESJ65三日目 [学会]

昨夜は早めに宿に戻って寝たこともあり、今朝も早くに目覚める。朝からおいしい朝食をいただいたけど、バイキング形式の料理を一通り食べたので、明日は別のお店に行ってみよう。

今日は大会本部で明日の総会資料の作成作業。初日の委員会から送られてきた資料の確認やいろいろな表彰式のスライドとか、執行部で作っているんですな。午前中は資料作成でほぼ終了。昼は歴代会長・幹事長会食なるものに参加して、午後は資料作成の続きで、途中から口頭発表で種子散布関係の発表を聞いたり、ポスター発表で面白そうなものをちょこっとだけ聞く。

夕方からは懇親会に参加するためタクシーで移動。あまり参加者は多くなさそうだったけど、料理はまあまあのスピードで消えていった。懇親会中に雪が降りだしていて、帰るころには結構な降り方だった。ホテルが近くてよかった。今日も査読しようと思って居た論文を読み終わることなく寝てしまった。

コメント(0) 

ESJ65二日目 [学会]

6時過ぎに起床。さすがに眠い。今日もおいしい朝ごはんをいただく。朝食後は眠気覚ましにシャワーを浴びて、すっきり目を覚ましてから、会場へ向かう。昨日よりは早めに出てきたつもりだったけど、地下鉄を乗り継いで会場に到着したのは8時15分だった。

今日はポスター会場での仕事がメインなので、午前中はポスター会場をウロウロする。いろいろとポスター作成のノウハウが伝わっているので、わかりやすいポスターが増えている。種子散布の研究は少ないけど、送粉はなかなか面白そうなネタが含まれている。コシノコバイモとか、身近な植物でも結構面白いことが見つかっている。なるほど、そんなメカニズムがあったのか。よく観察しているなあ。

午後はエコリサのフォーラムに参加。以前のアンケート結果のまとめなどを聞く。査読にまわった論文は結果的に受理されようが、リバイスだろうが、リジェクトだろうが、審査にかかる日数は同じくらい。やはり査読者が見つからないというのが大変そう。わたしもちょっと分野が違うと査読者探しは結構苦労するし、著者が指定してきた査読者が怪しい人ではないかは簡単に調べてはみる。ただ、査読結果が割れると悩む。

フォーラム後はポスター会場をさらにウロウロして、いろいろと雑談などして過ごす。マムシグサの発表もそれなりに人が来ていた様子だけど、来年はタイトルから工夫する必要はある。面白いと思ったモズのはやにえの研究は最優秀賞を受賞していた。そりゃそうだよな。昨日のナメクジの研究も優秀賞をもらっていてめでたい。

今日は早めにホテルに戻って休む。
コメント(0) 

ESJ65初日 [学会]

6時15分に起床して、6時半からの朝食に移動。朝食がおいしいことが売りのホテルだったらしく、たいへん満足。これは食べ過ぎてしまいそう。ネットで札幌の花粉状況を確認してみるとマスクは必要なさそう。ただ、足元はかなり雪が解け残っており、ツルツルの路面になっているところもある。最初は会場までバスで移動するつもりだったけど、適当な時間に到着することができないので、地下鉄を乗り継いで移動。8時半の集合時間の少し前に大会本部に到着。

午前中は大会本部で留守番なので、今日の夕方の自由集会のプレゼンファイルの確認。これまでは企画委員会に参加している時期が続いたので、初日の朝に委員会がないのは久しぶり。時々、くる事務仕事を適宜こなす。次は保全誌の編集委員会にオブザーバー参加。こちらもそのうちPDFファイルを即時公開する形になる方向で話を進めるのだろうなあ。会議終了後、小池さんと種子散布の本に関する打ち合わせ。確かに赤緑本がでてから20年近く経過するので、新しい教科書を出す時期なのかもしれない。次は野外安全管理委員会に参加し、長年の懸念事項になっている野外安全マニュアルの完成に向けての打ち合わせ。今年度中に和文誌に掲載する方向で作業を進める。

その後は大会本部で夕方からの代議員会の資料作成のお手伝い。その後は代議員会に参加。途中で中抜けして、きのこる5に参加。最初の講演者の宇高さんの発表をちょっとだけ聞いて、あとは20分だけ、自分の発表をこなして、代議員会に復帰。自由集会の発表は、ちょっとスライドを詰め込みすぎて、時間ぎりぎりまでしゃべってしまったので、反省。70名ほど参加していて、ちょっとびっくり。理事会はほぼ時間通りで終了したので、再び自由集会にもどり、最後の時間もちょっとだけ参加して、そのまま札幌駅近くの飲み会へ移動。17名が参加して、飲み屋で2時間ほどナメクジやキノコ談議。サインもらおうとを持っていたのに宇高さんの本を持ってくるのを忘れたのは失敗だった。

懇親会に参加したのち、ナメクジのUさんと胞子散布のKさんと一緒にヤマナメクジ談義。どうもヤマナメクジの生活史は基本的なところもわかっていないことが多い様子。まだまだ調べることがありそう。いろいろ話しこんでしまって、結局、夜中になってしまった。12時過ぎにホテルに戻り就寝。

コメント(0) 
前の5件 | -