So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

石川県哺乳類研究会に参加した [日常]

さすがに視察の移動で疲れたので、朝はのんびりと起床。朝のうちにいろいろと片づけ物を終わらせて、体をほぐしに子供とプールに出かける。温水プールとはいえ、さすがに長時間は寒いので、ほどほどにして帰る。

午後から石川県哺乳類研究会の総会が開催されるので、お弁当を持って、研究室に向かう。たまっていたメールのうち、急ぎのものは返信して、その後は同行者から送られてきていた報告書の内容確認。視察に行ったものの、この内容を生かした形のコース設計にまで持ちこめるかは難しいところ。少し写真を並べ替えたりして、全体の体裁を整えて返信。その後、使用する会議室にプロジェクターとPCを設置して、あとは部屋を空けておく。開始時間の2時までに時間があったので、研究室のヤマナメクジたちにエノキを与える。

2時から予定通り総会がスタート。石川県内の哺乳類の情報はこの会に参加したときに聞くくらい。最近は登山客や観光客が気軽に写真を撮影して、報告することができる。真面目にシステムの構築に取り組めば、もう少し希少種の情報を集めることができるかもしれない。しかし、哺乳類研究会もメンバーの年齢構成が非常に高い方に偏っているので、現在改訂作業中のレッドデータの作業を次は誰がやることができるだろうか。

最初は石川県の大型哺乳類の現状について、Nさんからの報告。行政データとして収集されているものだけど、管理計画に利用している個体数推定や分布拡大情報などが紹介される。参加者からニホンカモシカの推定値はかなり古いので更新が必要とのコメント。

次は環境アセス絡みで行われているコウモリ調査。タイ南部にいたころにコウモリ調査をちょっとだけ手伝ったことがあるけど、カスミ網に絡んだ個体を外すのは結構大変だった覚えがある。ハープトラップって普通に使われているのか。コウモリでも音で誘引するようなことが行われているらしい。ちょっと驚いたのはコウモリの寿命。こんな体サイズなのに、寿命は長いのね。いろいろ個体識別で来ているので、個別データをしっかり解析すると面白そう。

最後は能登半島のコウモリ相の調査の話題提供。海外の風発ではコウモリがぶつかる場合もあるらしい。森林性のコウモリは調査がなかなか難しいようす。確かにねぐらを頻繁に変更すると追跡調査は難しいだろうな。人工ねぐらなどを利用するような仕組みを作ることができれば、面白いことがわからないだろうか。実はかなり移動している可能性も高そう。ほとんど聞いたことがないコウモリ調査の実際をじっくりと聞くことができてよかった。

コメント(0) 

豊岡から青垣へ [日常]

5時半ごろに目が覚めたけど、うだうだして過ごす。6時半ごろからニュースを見ながら、メールをチェックして、急ぎのものに返信しておく。昨日の飲み会でも話題になっていた対馬のカワウソはユーラシアカワウソだったらしい。まあ、そうだわな。7時に朝食にでかけて、予定通り8時10分にロビーに集合して、レンタカー屋さんへ移動。雨はほとんど降っていなかった。目的地に着く前に稲刈り後の田んぼにいたコウノトリを観察。雨が降りそうだったので、双眼鏡とかCoolpixも持ってくればよかったかな。

最初にこちらの施設の成り立ちについて、いろいろと情報を教えていただき、その後は実際に施設内を見学して、あっという間に2時間半ほどが経過。以前にも来たことはあるけど、今まで見学したことのない場所もあったし、この数年間にいろいろと変わっているところもあったので、来てみてよかった。裏山はシカがたくさん出るとの話だったけど、実際、車での移動中に10頭ほどの群れが道路を通過していくのを見ることができた。石川県では見られない光景だなあ。

その後は午後に訪問する施設のある青垣に向けて車で移動。途中、円山川沿いでコウノトリを見かけなかったけど、白いサギと黒いカワウのコントラストがなかなかきれいだった。途中、昼食を済ませて、目的地近くの道の駅で時間調整。でも時間調整せずにさっさと目的地を訪問してしまえばよかったのかも。わたしはここに来たのは初めて。まあ、車がないとなかなか来るのは難しい場所でもある。

こちらでも施設の成り立ちについて、いろいろと情報を教えていただき、その後は施設内を見学して、あっという間に2時間半ほど経過。獣害対策の話は聞いてはいたけど、具体的な中身はよく知らなかったこともあった。まあ、いろいろと悩ましい問題もありそうだけど、同じような問題は石川県でも生じることはあるだろう。ただ、石川県では獣害による被害金額が兵庫県よりも格段に少ないので、なかなか同じような対応をするのは難しいだろう。以前、兵庫にいたころに廃棄処分になるところだったタイリクオオカミのはく製がきれいに飾られていた。日本の哺乳類と比べるとずいぶんと大きい。

予定よりも遅くなったけど、福知山に向けて出発。カーナビが示す最短距離を進んでいくと峠越えのずいぶんと狭い山道だった。まあ、明るい時間帯でないと運転する気にならないような道だった。兵庫県から京都府に入ったら、道がきれいになった。福知山でレンタカーを返却して、電車の切符を変更して、特急きのさきで京都に向かう。車内で今日の視察内容を簡単にメモしなおして、あとは日記にメモしておく。もうちょっと写真をいろいろと撮影しておけばよかったかもしれないけど、まあ、いいか。

問題は今日の視察内容をこれからの大学運営にどの程度生かすことができるのかだけど、すぐには結果が出そうにないものばかりなので、なかなか難しいところ。
コメント(0) 

大学キャンパスでシロハラを拾った [日常]

昼から豊岡に移動するので、朝のうちだけ研究室に顔を出す。急激に気温が下がったけど、ヤマナメクジたちは元気な様子。研究室でメールに返信していると、大学事務からスズメのお宿になっている中庭に鳥が落ちているとの情報を教えてもらう。とりあえず、ドバトやスズメではなさそうなので、ビニール袋をもって拾いに行く。

落ちていたのはシロハラだった。今日は雨が降っていたから、窓ガラスが見えにくかったのだろうか?もうこの辺をウロウロしているのね。電話をいただいた事務のメンバーにもちょっと見ていただき、フレッシュな状態なものであれば、引き受ける旨伝えておく。今までも学生が拾ってきたものは、ラベルを付けて冷凍保存しているので、同じように通し番号をつけて冷凍保存。それほどたくさんのデータがあるわけではないけど、10月上旬から中旬にかけて、渡り途中の鳥を拾っていることが多い。まあ、この時期はぶつかる可能性があるから、気にかけているので拾う数が多いだけかもしれないけど。

10時前に切り上げて、いったん自宅に戻ってから、出張準備を整えて、駅に向かう。小雨が降っているので、面倒だけど傘をさして歩く。10分ほどとはいえ、ちょっと面倒くさい。移動の車中は届いたばかりのローカル認証の本を読んで過ごす。分野違いのところは日本語の本がありがたい。扱っている対象は様々だけど、視点を変えると共通点もいろいろとありそう。まあ、石川県ではどのように活用していくことができるか、すぐには思いつかないけど、そのうち役に立つこともあるだろ。

予定通りの時間で新大阪に到着し、こうのとりに乗り換えて、豊岡を目指す。まだまだ先は長い。兵庫県に住んでいた頃には、よく利用した電車だけど、明るい時間帯にあまり乗ったことがないので、しばらくは風景を眺めて過ごす。三田周辺になると稲刈り前の田んぼがチラホラ見えたけど、これは酒米だろうか。菊姫が使っている山田錦ってこの辺だったよな。

豊岡に着くころにはすっかり暗くなり、小雨の中をホテルまで移動。さすがに暗かったので、移動中の電車からはコウノトリを見ることはできなかった。駅からホテルまで歩いてきて思い出したけど、2010年にピライさんと来た時に利用したホテルかな。チェックインしてからは、荷物を整理して、メールをチェック。急ぎで返事をしなければいけなさそうなメールはなかったので、帰宅してから対応することにする。

夕食は隣のホテルの1階の飲み屋で豊岡の幸をいただく。OさんとOさんがそういったつながりだったとは知りませんでした。いろいろと苦労話や昔話を聞きながら、2時間ほどの夕食は終了。明日は豊岡、青垣、福知山を経由して、京都から帰宅する予定。先は長い。
コメント(0) 

後期のゼミがスタート [日常]

朝一番でメールチェックすると先日、能登島の実習に出かける前に投稿した論文の査読コメントがもう戻ってきた。2週間で査読結果が戻ってくるとは思わなかったので、ちょっと対応する時間を作らねば。卒業した学生のデータをベースにして、かなり修正したつもりだったけど、考察で先行研究との比較が足りないとの指摘。うん、確かにもうちょっと真面目にデータを拾い上げて、訪問した鳥の種数や果実の持ち去り量を比較することはできるか。というか、本来は卒業研究としてまとめる際に先行研究との比較をしっかりできていないことが問題か。

今週から後期の講義が開始。といっても水曜日からなので、まだ日程的には余裕があるうちに大学農場に設置中の自動撮影カメラを交換。熟し始めた頃は食べられていたけど、最近はほとんど食べられないなあ。その後はヤマナメクジたちの世話をして、様子をチェック。2014年に研究室にやってきた個体で生き残っていた2個体のうち、1個体が死亡してしまったので、大型のヤマナメクジは昨年、秋にやってきた2個体とあわせて3個体になってしまった。まあ、その子孫たちは数十個体いるので、それなりに世話をするのは大変。

午後は後期初めての研究室のゼミ。今回から3年生も参加するので、前期と比べると倍くらいの参加人数。3年生からも積極的に発言して欲しいところだけど、今日は発表する側の準備不足で、ほとんど内容が伝わっていない感じ。その後、これからデータを取る卒研生の一人の調査候補地となる大学ビオトープの植物の開花状況と訪花昆虫などを観察。今はアキノノゲシが咲いていて、セイタカアワダチソウがつぼみを付けていた。アキノノゲシはハナアブやハナバチ、モンシロチョウなどさまざまな訪花昆虫が訪れていた。

P9260578.jpg

P9270824.jpg

P9260593.jpg

P9260595.jpg

P9260584.jpg

夜は送ってもらったばかりの論文に目を通す。これ直接観察でやったのか。スゴイな。写真もきれいだし、インパクトのある仕事になると思います。というか、わたしも続きの仕事をどうにかせねば。
コメント(0) 

能登島丸かじり2017三日目 [日常]

昨日の夜に入浴を逃したので、朝風呂。源泉を引いているらしいのだけど、そのままだとかなり熱い。風が少し強くなってきたけど、それほど台風の影響はなさそう。ただ、7時の町内放送では、火事に注意するようにとの連絡が流れていた。今日の朝食も干物を焼いておいしくいただく。

P9160319.jpg

荷造りして、車に詰め込み、8時に集会所へ移動して待つ。その後は9時45分ごろまで発表準備を続け、10時前から3班が順番に発表して、1時間ほどで終了。毎年、継続調査を行っているグループや私たちのように久しぶりのグループなどいろいろだったけど、学生がまとめた内容は2泊3日の実習としては、悪くはないだろう。問題は5年間、単位とは関係なしにこの実習を続けてきての成果だろう。基本的な生物相や水質などの情報は蓄積されつつあるので、地域資源の発掘には多少は役立っているだろうか。

P9160320.jpg

P9160322.jpg

昼食は親子丼を食べて、予定通り13時にバスを見送って帰宅。のはずが、バスに乗ったTAから電話があり、携帯電話を宿に忘れたTAがいるので、探してみてほしいとのこと。宿に向かうとすでに確保されていた携帯電話を受け取る。最後に忘れるなよなー。途中のSAでバスに追いつき、携帯電話を渡す。学生ならともかく、TAが忘れるなよなあ。能登島を出発してから2時間ほどで研究室に到着。長崎地区のみなさん、お世話になりました。

さすがに疲れているけど、3日分のメールをチェック。一つ査読仕事が増えたので、週末に一つは片づけておきたい。実験室のナメクジたちの世話をしてから帰宅。残念ながら、大型個体が1匹、お亡くなりになっていた。このところ餌を食べていなかったのと体重が減少していたのでちょっと心配していた個体。角間で捕獲したのが2014年の10月7日で、3年間ほど実験室にいたことになる。このサイズになるまでにどのくらいかかったのかわからないけど、実験室で産まれた卵から孵化した個体を見ていると1年以上はかなりそうなので、少なくとも5年くらいは生きるのだろうか?

P9160323.jpg

P9160325.jpg
コメント(0) 
前の5件 | -