So-net無料ブログ作成

大雪の中もニホンジカ [日常]

今日は卒論が届いたら修正するつもりだったけど、昨日の金沢大学でのゼミで疲れきったのか学生が誰も出てこない。来ない学生を待っていても仕方がないので、ヤマナメクジたちにエノキをあげる。卒論締め切りまであと1か月しかないんだけどねえ。

天気も持ちそうだったので林業試験場の自動撮影カメラの交換に出かけることにする。大雪とはいえ、大学周辺は先週の雪もかなりとけたし、ここ数日は気温が高めだったので、結構、とけているだろうとの判断。雲行きがちょっと怪しい感じだったけど、もうちょっとしっかり雨雲レーダーを確認しておけばよかった。

林業試験場はさすがに雪が多い。いたるところで枝や幹が折れて、道をふさいでいた。重たい雪も降ったからなあ。今日は気温が高いせいでスノーシューを装備していても雪の中に沈みまくる。ブーツではなく、長靴でスノーシューをはくべきだった。積雪のせいでカメラの位置が相対的に低くなり、最初のカメラは雪山を楽しむスノーシューの写真ばかり撮影されていた。

P1180618.jpg

P1180621.jpg

スギ林内も落葉や枝が雪の上に多数落ちていた。スノーシューに引っかかって歩きにくい。カメラは雪で埋もれてはいなかったけど、ちょうどセンサーの検知範囲に枝が落ちてきていて、その枝に反応して電池がなくなっている場所が2か所もあった。撮影されている動物は多くはなかったけど、大雪が降った当日もニホンジカがラッセルしている様子が撮影されていた。粉雪だったから、まだ歩きやすかったかも。

P1040268.jpg

P1040277.jpg

P1020300.jpg

P1020299.jpg

P1020290.jpg

2時間ほどかけて雪山を歩きまわってカメラ交換を終了。ただ、マムシグサに設置中のカメラは枝の直撃を受けて、方向が変わっていたり、カメラが三脚から落ちて、水たまりに水没していた…。SDカードは無事に回収できたけど、カメラは浸水していたので、壊れたかも。

明日から2月のインドでのセミナーの準備を進めておかねば。昨年度、大阪市大のセミナーで話した内容が一番まとまっているので、あのスライドを英語化するかな。ただ、インドはサイチョウ類が普通に見られる国なので、あまり詳細な説明はする必要はないだろう。
コメント(0) 

雪山を歩いた [日常]

大学の講義は今日で最後。来週からは冬休みになるので、その前に研究室の3年生を連れて、林業試験場に設置中の自動撮影カメラの確認作業。雪山用にスノーシューも人数分購入したので、それを使ってみたかったこともある。大学の周辺はここ数日の雨ですっかり雪がなくなっていたけど、林業試験場に近づくにつれて路肩の雪が増えてくる。普段は調査地のすぐ近くまで車で登っているけど、さすがに雪かきしていないので、駐車場から学生たちと一緒に歩く。

濡れた重たい雪でスノーシューをつけても歩きにくい。ただ、深いところは30cmほど残っているので、長靴だとちょっとしんどい。最初のカメラのところは雪山ウオーキングを楽しんでいる人たちが多数撮影されていた。バードウオッチングと思われる方とすれ違ったけど、朝早くから観察にきているのだなあ。確かに雪が降ると普段、なかなか見かけない鳥がウロウロしていたりする。今日は小川沿いでカワガラスがよく目立った。

先々週、カメラの電池だけ交換したときには新雪の後で、動物たちの足跡がくっきり残っていたけど、今日はあまりはっきりとは残っていなかった。ただ、カモシカの足跡やイノシシのラッセル跡と思われるものは3年生も見ることができたし、テンの糞も落ちていたので、いろいろと動物たちが雪山を利用していることは観察できただろう。ただ、もう少し積雪が増えると、標高が高いところのカメラは設置位置を高くしないと埋もれてしまいそう。ただ、積雪時でも意外とセンサーの誤作動は少ない様子だったので、この冬はできるだけ自動撮影調査を継続してみたい。通常の倍以上の時間をかけてカメラの交換作業を終了。来月も良い天気の日に調査できるといいけどなあ。

P1030302.jpg

P1030297.jpg

P1030353.jpg

P1030471.jpg

P1020276.jpg

P1040251.jpg

先日、バードリサーチ誌に掲載されたヒメアオキの論文が紹介されていたのでメモ。雑誌サイトでこのような形で紹介していただけるのはうれしい。
https://db3.bird-research.jp/news/201712-no1/

これまでの卒業研究はほとんど石川県立自然史資料館の研究報告に投稿していたけど、何か鳥に絡む卒研ネタがあれば、またバードリサーチに投稿してみようと思います。

昨日で11月中に引き受けた査読をようやく片づけたと思ったら、査読レポートを返却したばかりの雑誌から別の論文の査読依頼。このネタの査読依頼なら仕方がないので、ポチッと引き受ける。来年までに持ち越したくないので、今年中に仕上げたい。

コメント(0) 

散布もするし、破壊もするらしい [日常]

朝一番に実験室のヤマナメクジたちのミズゴケを洗い、エノキを給餌して、飼育環境を整える。気温が下がってきたので、そろそろ餌の量は減らしても良いかもしれない。生態学会の自由集会でこの子達の発表をする予定だったのだけど、初日の代議員会ともろかぶり。とりあえず発表スライドは準備するけど、自分で話せるかどうかは微妙なところ。でも今年、卒論で取り組んでいるネタでもあり、ナメクジやカタツムリの種子散布に注目した研究の現状はまとめておきたい。この冬に論文、読みまくろう。

昨日、林業試験場で調査しているイチョウの周りをウロウロして、見つけたクマ糞から回収したギンナンを計数。全部で31個の糞をチェックしたけど、2015年に見たときよりも糞あたりの種子数が少ない気がする。あと、今年は明らかに外種皮を食べたのではなく、ギンナンを破壊した糞が2個あったので、こちらは全て回収して、実験室内で洗浄してみた。

PB290433.jpg
ストックバック中サイズに半分くらい

PB290434.jpg
割り箸で中身をほぐしたところ

PB290440.jpg
ぬるま湯で洗浄中

PB290441.jpg

PB290447.jpg
洗浄後

PB290444.jpg
バリバリに噛み割ってある

PB290445.jpg
破壊されていないものもある

イチョウ以外にはサルナシやケンポナシを含んだ糞もあったが、こちらは1個ずつ。今年はやたらとイチョウを食べているらしい。毎晩、親子で撮影されていた個体の糞だったのだろうか。

PB280409.jpg
見た目はほぼキウイジャム

PB280423.jpg
ケンポナシがいっぱい

ドングリとかバリバリ食べているので、ギンナンを食べないのはちょっと不思議だったのだけど、食べないわけではなさそう。

週末に新潟で開催される生態学会の中部地区会(http://www.esj.ne.jp/chubu/index.html)で発表する学生のポスターにコメント。実は私も初参加。うーん、研究のまとめを一番右下におくのは見にくいんじゃないかな?多分、鳥の研究者は少ないだろうから、あまり細かく鳥種を紹介するよりは、メインの種子散布者以外はその他にしてまとめて提示しても問題ないんじゃないかな。後は明日と明後日の二日間で発表原稿をしっかり作成して、5分位で研究概要を説明できるように練習してもらう。

マレーシア滞在中にやってきた担当編集依頼とか査読依頼の論文にもようやく目を通すことができた。ちょっと専門が外れているから、ここ数年の論文を読んでみて考えよう。
コメント(0) 

キナバタンガン調査10日目 [研究]

昨夜は少し飲みすぎたけど、今朝も6時に起床。メールをチェックして、7時半の朝食時に午前中の予定を確認。みなさん本屋に出かけたいようなので、10時に集合することにする。その間に部屋で干していた服を取り込んで、スーツケースに詰め込んで、チェックアウトの準備。10時にホテルを出発して、1キロほどの距離を歩いて本屋に向かう。それにしても町中は暑い。

ジャングルスクールの時に購入したお店とは名前が変わっていたけど、相変わらずボルネオ関係の書籍は充実していた。Tree Flora of Sabah & Sarawakの新しいものがあれば購入したかったけど、古いものしかなかった。Tree Flora of Malayaがまだ売っていたけど、持っているものなのでスルー。せっかく調査に出かけたので、キナバタンガンのガイド本、ボルネオの甲虫図鑑、サバの低地林の図鑑を購入した。まあ、この程度なら、あまり重くはない。本当はダナムバレーの本が欲しかったけど、大型本だったのであきらめた。

ホテルに戻る帰りにお土産用にマンゴーグミやナマコ石鹸などを購入。まあ、こんなものでしょう。12時前にホテルに戻り、もう一度シャワーを浴びてから、チェックアウト。荷物を預けて、近くのお店でバクテーをいただく。もともとシーフード屋さんのようで、バクテーとしてはいまいち薄味で物足りなかった。ただ、コタキナバルでは夕方から開店するバクテー屋さんが多いらしく、選択肢はなかったんだな。

昼食後にタクシーでホテルから空港に移動。途中、交通事故があったらしく、空港の近くで渋滞していたけど、余裕をもって空港に到着。しかし、肝心のフライトが遅れているらしく、かなり時間に余裕ができた。ところが荷物のチェックイン時にちと面倒なことになる。国内線でチェックインするときは、1人30kgを厳密に適応するとか言われて、まとめてチェックインさせてもらえない。えー、そうなの?オーバーチャージを払うのは馬鹿らしいので、いろいろ荷物を組み合わせてみたところ、一人目が30.0kg、二人目が30.2kg、3人目も30.2kg、4人目は30kgよりもずいぶん少なく、余裕で収まった。たまたまとはいえ、うまいこと配分できた。

コタキナバルの空港で、コーヒーなどのお土産を追加購入。ただ、フライトが遅れ、機内に入ってからも1時間ほど待たされたので、さすがに疲れた。予定よりも2時間近く遅れてクアラルンプールに到着した挙句、成田フライトはどうもさらに遅れているらしい。仕方がないので、スターバックスでコーヒーを飲みながら、メールチェックや査読依頼など。予定通りのフライトの関空組と別れて、成田組はさらに23時過ぎまでスタバで粘ってから、ゲートへ移動。大混雑していたけど、無事に機内へ移動。ただ、最近はマレーシア航空も混んでいるのが当たり前なのか、ほぼ満席だった。明日の朝の成田到着が少し遅れると予定の電車に乗れないが心配だけど、まあ、仕方がないか。無事にキナバタンガンでの調査は終了。
コメント(0) 

キナバタンガン調査9日目 [研究]

昨夜は遅く寝たけど、6時に起床して、荷物のパッキング。6時半にはパッキングを終了して、水浴び。朝食はいつものパンと目玉焼きとミーゴレン。毎朝同じメニューが続いたけど、ある程度の量は確保されていたので、こんなものではないかな。今朝は霧が濃くて対岸が見えないほどだけど、テナガザルの声が聞こえてきた。昨日のクルージングでは見ることができなかったのは残念だけど、朝からテナガザルの歌声が響いてくる森は良い。

7時55分に迎えのミニバスが到着。5分前に到着するとはすばらしい。帰りは調査道具が減ったこともあり、余裕で積み込むことができた。8時にコタキナバルへ向けて出発。アブラヤシのプランテーションが続く道を移動していく。2時間半かけて、ミニバスの乗り換え地点に到着。ここでお茶にして、ついでにチマキをいただく。

PB230301.jpg

乗り換えたミニバスは往きと同じとは思えないくらいスペースがあったので、のんびりと過ごすことができた。往路で見逃したキナバル山の山頂も雲の隙間から見ることができた。標高の高いところ移動している途中、往路で食べ逃したドリアンを食べるために道沿いの果物屋さんをチェック。最初に見かけたドリアン屋台で止まったけど、売り物は残り少ない様子で、私たちが購入した後やってきた客で売り切れだった。入念に選んで2つ購入して食べた。大きい方はちょっと外れで、淡白な味だったけど、小さい方はまあまあのドリアンだった。例年よりも早く雨が降り出し、ドリアンが腐ってしまっているらしい。

PB230302.jpg

PB230303.jpg

PB230306.jpg

PB230316.jpg

PB230321.jpg

このお店で一人数切れを楽しんでバスに乗って移動後、もっとたくさん売っている場所があったので、そちらでも立ち止まり、追加購入。ここは安いドリアンで1キロ28RM、一番高いものは1キロ48RMもしていた。日本で購入するより高いくらい。いろいろ検討した挙句、自然に割れはじめている1キロ38RMのドリアン1個(2キロ)を購入。最初のお店で食べたものよりもずっとおいしいドリアンだったので、みんな満足。

PB230326.jpg

PB230328.jpg

PB230329.jpg

8時に出発して、15時にコタキナバルのホテルに到着。お茶を飲んだり、ドリアンを食べていた時間をのぞくと、ほぼ6時間の行程。なかなか大変でしたが、無事に街まで戻ってきた。ホテルでのチェックインにちょっと手間取るが、その後は部屋の中で荷物と調査メモの整理。さすがに座り続けて疲れていたので、のんびりとお風呂と行きたかったけど、あまりあったかいお湯ではなかったので、水浴びになってしまった。ホテルのネットワークにつないで、たまっていたメールに返信。

夕飯はちょっと贅沢にホテルの近くの水族館スタイルのシーフードコート。せっかくなので、たくさん写真を撮影しておく。一部のマングローブガザミにフジツボがついていた。こんなにぎっしりと売られていた。少し早い時間帯にお店に来たせいか、注文した品が次々と運ばれてきて、あっという間に机が埋まった。次々とお皿を平らげて、おいしい夕食をいただきました。デザートのココナッツプディングもおいしかった。

PB230336.jpg

PB230334.jpg

PB230348.jpg

PB230369.jpg

PB230357.jpg

PB230373.jpg

PB230374.jpg

PB230375.jpg

PB230376.jpg

PB230377.jpg

明日は午後のフライトでKLを経由して帰国予定。

コメント(0)