So-net無料ブログ作成
検索選択

もうしばらくサイチョウの研究します [日常]

出勤前に自宅のそばの水路でアオサギを撮影。時々、この水路の中をウロウロしていることはあるけど、上でのんびりしていることはあまりない。朝日を浴びてきれい。

DSCN1929.jpg

DSCN1930.jpg

DSCN1932.jpg

週末にネット上では科研費採否情報が飛び交っていたけど、自宅PCからはe-radに接続していないので、今朝までおとなしく待つ。今回、初めて基盤Cに応募してみて、3年間、タイでのサイチョウ類の種子散布に関する調査を継続することになりました。とりあえず5月のサイチョウ学会にでかける旅費と2020年にインドで開催されるFSD2020で話すネタの準備をすることができそう。サイチョウ類の中でも比較的、人間活動の影響を受けにくいキタカササギサイチョウに注目した研究になる予定。共同研究で進めている種子散布共生ネットワークからの予測とアグライアの種子散布に関する研究を組み合わせた計画なので、今までの成果を絡めた研究になる。

採用されたのはよいけど、相変わらず申請金額から減額されているので(ただ、前回よりはましで申請額の76%だった)、何かを削らないといけない。種子捕食者観察用の自動撮影カメラの台数を減らすのが簡単だけど、そうするとカメラの予備に余裕がなくなる。アジアゾウがいるところなので、カメラの予備がないとかありえん。調査ポイントそのものを減らすとデータ解析に必要な反復が足りなくなるし、私が長期間滞在して調査できるわけではないので、調査補助の人件費も削れない。今週中に共同研究者に連絡して、5月のマレーシアでのサイチョウ学会時に打ち合わせして考えよう。ATBCかESAで発表するつもりだったので、その分の旅費を別の予算から確保することを考えるか。

他にも共同研究に入った申請がもう一つ採択されたようだけど、こちらは大幅に減額されているので悩ましいところ。こちらは自動撮影カメラの台数を減らすわけにはいかないので、海外出張の頻度を下げるしかないか?もしくは自前の自動撮影カメラを投入するとかしないとサンプル数の確保が難しそう。今年度は継続分と共同研究を含めるとボルネオと半島マレーシアとタイで調査する予定。時間配分と仕事の内容を早めに考えておかないとスケジュールが難しそう。一人ぐらい海外で卒研やりたいという学生が現れないかしらん。自動撮影カメラの撮影データは別プロジェクトで進めている研究にも使いまわしできそうなので、そちらにも活用していきたい。

明日は卒研調査の予備調査として、角間に自動撮影カメラを設置しに出かける予定。花粉飛んでいるんだろうなあ~。

哺乳類モニタリング再開 [日常]

今日から林業試験場での哺乳類のモニタリング調査を再開。卒研生を連れて、自動撮影カメラを設置して歩く。ああ、久しぶりの調査だったので、カメラを固定するねじを忘れてきてしまった。調査中の札は忘れずに持ったのだけどなあ。まあ、固定されていないくても特に問題はないので、とりあえずカメラを設置。自動撮影カメラの固定用のベルトも長いものと短いものを準備して、少しでも調査効率を上げる努力をしておく。大したことないけど、毎回、ちょっとずつ時間が無駄なんだよね。

P3230002.jpg

P3230003.jpg

林床には、スギの花序も落ちていたけど、雨上がりだったので、あまりスギ花粉が飛んでいなかったようす。林業試験場でもオウレンが咲きだした。3月上旬に降った雪が一部残っていただけど、さすがにほとんどが溶けていた。沢沿いではコチャルメルソウが開花していた。去年よりは遅く、おととしと同じくらいか?まだ花粉を持ち去られてはいなさそう。開花したばかりかな?それにしてもイノシシの掘り返し跡が目立つ。貯水池のクロサンショウウオの卵の数はずいぶんと増えていた。

P3230007.jpg

P3230017.jpg

哺乳類モニタリングは再開したので、その後は10月から半年設置していた自動撮影カメラの回収。さすがにもう食べられない様子。3月上旬にヒヨドリに食べられて、この時期に食べられないのはどうしてだろう?他に食べるものがあるということなのだろうけど、果実以外のものを食べているのか?ツバキの花蜜とかだろうか?

一旦、大学に戻って昼食をとり、その後は角間に移動して、同じくカメラの回収作業。こちらのオウレンにはハネカクシの仲間らしきものが花に来ていた。花粉を食べるようだけど、ついでに花粉媒介もするらしい。ショウジョウバカマはまだつぼみだった。ヒメアオキが熟してきたようだけど、角間は虫害を受けているものが多いので、あまり食べられないんだよね。ジャノヒゲやヤブコウジはこの時期になるともう食べられない様子。タヌキのため糞には新しい糞が追加されていたけど、種子は入っていなさそう。古いカキノキやケンポナシの種子がちらほら。

P3230037.jpg

P3230038.jpg

P3230039.jpg

P3230042.jpg

P3230045.jpg

P3230050.jpg

P3230047.jpg

生態学会の執行部仕事もようやく少し落ち着いてきた。当初はあまりのメールの多さに戸惑っていたけど、実際に対応するべき仕事を整理してしまえば、時間をうまく使えそう。さすがに生態学会から、ぶっ続けていろいろな仕事があったので、今週末は少し休みをとろう。来週は講義資料の修正作業と2カ月間放置していた論文を完成させて、投稿してしまいたい。

ESJ64五日目 [学会]

のんびりと起床するつもりが結局、6時に目覚めてしまった。査読依頼が1件あったので、ざっと中身を確認する。チェックアウト用に荷物を整理して、7時に朝食。今日はヒヨドリだけではなく、メジロがツバキに来ている様子を見ることができた。荷物はコインロッカーに預けようかとも思ったけど、目白駅で降りるのが面倒だったので、結局、大会会場までもっていく。今日は9時半開始なので、あまり人がいない。卒業する学生たちのお土産を探して、鳥はいくつか手に入ったけど、ナメクジは見つからず。財布に意外とお金が残っていたので、クモ図鑑とヘビイチゴ本を購入。ヘビイチゴ本は最後の一冊だったので確保できてよかった。そんなにヘビイチゴが人気なのか?

朝は送粉の企画集会に参加。勝原さんのツユクサとケツユクサの話を真面目に聞いたのは初めて。セイタカアワダチソウの話は以前、大学ビオトープで観察したこともあるのでイメージはつかみやすかった。ただ、あそこまで実験系に持ち込むのは簡単ではなさそう。こちらのセイタカアワダチソウのアブラムシも減ってきている気がする。次のモデルの話は非常に単純化された系なので、なかなか応用できる場面は少ない気はする。ただ、普段、あまり聞かない話なので、違った切り口でよかった。最後は最近、論文が掲載されていた伊豆諸島の海浜植物を利用した研究。大型のハナバチがいなくなると、中型ではなく小型種が大型種不在時に空いた花を利用するのは面白い。最後は石井さんのコメント。送粉系といっても関連する相互作用は膨大。まあ、私たちにできることはその一つ一つを丁寧に調べていくことしかないんでしょう。

お昼は学会大会の改革フォーラムに参加。参加者はそれほど多くはなかったけど、自由集会は貴重な場であると考えている人が多い様子。シンポジウムと企画集会を一本化して、自由集会の開催時間を短くするとかして、全体の労力を減らしながらも、自由集会という形式は残していくことになりそう。それにしてもこれだけの規模になってしまうと、大会を開催できる会場で制限されてしまうなあ。

公開講演会は休憩時間前の4題を聞いてから、大会本部へ移動。大隈講堂の椅子は気持ちが良いので、暗くされるとウトウトとしてしまった。大会本部も撤収作業が行われていた。実行委員会の皆さま、お世話になりました。新執行部も事務局と口頭で打ち合わせできることは済ませてから帰路につく。会員向けのアンケートのたたき台とか、寄付の受け入れ手続きのたたき台とか宿題はいろいろとありますが、週末は査読業務と不在時のメールに返信することを優先しなければ。

ESJ64四日目 [学会]

朝一番で査読依頼した人からお引き受けできませんとのメール。至極まっとうな理由が書かれていたので仕方がない。おとなしく次の候補者に依頼を送る。今朝も窓際の席でのんびりとヒヨドリを観察しながら朝食を食べて、早めに会場に移動。最初は科研費の説明会。特に大型科研費では審査区分が変更されて、より幅広い分野の審査員にアピールできる文章が必要だとのこと。生態、分類、人類学などが同じカテゴリーになるので、どの分野に対してもアピールできる文章が必要ということですな。

総会はほぼ定刻通りに開始。参加者は100名もいないくらいか。あまり大きな議論もなく、粛々と報告事項と審議事項が進んでいく。地区会ごとに地区会費が異なるのは、年会費支払いシステムを導入する際に面倒なので、少しでも簡素化してしまいたい。特に大きな反対もなく新執行部も承認されたので、今日から代表理事なるえらそうな肩書を持つことになってしまった。裏方として、2年間、生態学会を支えていきます。その後は各章の授賞式。一人間に合わないのではないかと思ったけど、ギリギリセーフだった。まあ、そんなこともありますわな。

受賞講演までは大隈講堂の立派な控室で第一回の理事会。まずは顔合わせと簡単な報告事項について。次の理事会は7月でそれまでに検討しておくべき事項をまとめておく。7月中旬は結構忙しい時期なので、時間をうまく使わねば。その後は次回の北海道大会への引継ぎ打ち合わせに参加。次は大学ではなく、コンベンションセンターなのでまた実行委員会の仕事は微妙違うのだけど、前回の北海道大会と同じなので、その辺の情報は流用できるかな。その後はウェブ選挙システム打ち合わせに参加。これで次回の選挙の開票作業は軽減されそう。さすがにこちらは他の学科胃の方がややこしいシステムを作っているので、細かいところを詰めるくらいで対応してもらえそう。

夜は会場から少し歩いたところで執行部のみなさんの打ち上げ。法人化の過渡期に担当したので、通常よりも少し長い任期になって、いろいろ大変だった様子。みなさんとても楽しそうに会話が弾んでいましたが、対照的に新執行部のメンバーはどちらかというとおとなしくしていました。

ESJ64三日目 [学会]

朝食は窓際の席を確保できたのでのんびりとツバキを訪問するヒヨドリを観察。今の時期、ピンクの方が好きなのか?今日は自分のポスター発表だけど、お昼に野外安全管理委員会のフォーラムがあるので、コアタイムにポスター前にいる時間はなさそう。会場到着してすぐにポスターを張り付けて、大会本部に移動。

午前中はフェノロジーのシンポジウムに行きたかったのだけど、中部地区会の年次大会開催打ち合わせ会議に参加。石川県は金沢大学が主担当で地区会の情報はほとんど知らなくって、わたしは地区会の会議には初参加。中部地区だと大会開催できる会場がかなり限られているので、愛知県を中心に会場を探すことになりそう。金沢でもちょうど循環器学会が開催されているけど、金沢駅周辺のホテルくらいしか会場がなくって、金額的に生態学会では無理。年次大会に必要な情報を提供して、執行部の皆さんは退場したけど、わたしはそのまま残って地区会関係の情報収集。若手向けの助成金は大学院生がいるなら、考えようかな。

大会本部で早めに昼食を済ませて、お昼は野外安全委員会のフォーラムに参加。あまり参加者は多くはなかったけど、30名を超えるくらいの人が参加していた。去年も同じような人数で、以前と比べると参加者が少ない。マニュアルが完成したら、もっと講習会的なアプローチを考えてもよいかもしれない。その後はちょっとだけポスター会場でポスター発表。10年以上前のネズミの話だったのですが、わざわざ来ていただきありがとうございました。解析はこんなものなので、参考文献もうちょっと真面目に読んで、サクッと論文化したい。

午後は明日の総会と受賞講演で使う大隈講堂の下見、その後は学会の財政状況について、いろいろと情報交換。懇親会ぎりぎりになって、会場へ移動。生態学研究センター出身のみなさまにご挨拶。みなさん元気そうで何より。