So-net無料ブログ作成

サラワク二次林調査初日 [研究]

6時に起床。今日のフライトは11時だけど、GW中ということもあり、早めに6時半から朝食。前回の調査で食べ過ぎて増えた体重がそのままなので、控えめにしておく。7時からwifiの受け取りが可能なので、関空に行って先に回収。これでマレーシア滞在中も安心。AirAsiaのカウンターの場所を確認して、8時のチェックイン開始時間にあわせて移動する。

昨日の夜に気が付いてwebチェックインを済ませておいたので、あまり並ばずにさっさと荷物を預ける。調査用具を含めて25kg。チェックインを終えたら、さっさと出国手続きを済ませて、ゲートへ移動。待っていた熱帯生態学会ニューズレター用の原稿が届いたので、ダウンロードしておく。機内で編集作業を進めておけば、通常通り発行できそう。高知大のIさんと合流して、クアラルンプールに向かう。

タイ南部で調査していた時には、バンコクからの移動にAirAsiaを使っていたので、よく乗ったけど、10年ぶりくらいに使った。機内が寒かったと思ってフリースを持ち込んだのは正解だった。機内では、編集作業と最近ダウンロードした論文をいくつか読んでメモ書き。久しぶりにまとめて論文を読む時間とった気がする。機内食はかなり濃い味付けのスパゲッティ。搭乗直前にいろいろと食べている人たちがいたけど、ちょっと食べておいてもよかったか。小さな子供がえらくたくさんいた気がする。

予定通りにクアラルンプールへ移動。AirAsiaが並んでいるなあ。こちらのターミナルを利用するのは初めてかも。次のクチン行きのフライトまでは2時間ほどあるので、簡単にカレー味ラーメンで夕食を済ませておく。時間的にクチンの空港では両替が閉まっているだろうから、ここで両替しておきたかったけど、ないものは仕方がない。クチンまでは1時間半のフライトで、こちらも先ほどと同じ機内食だった。さすがに国内線は機内食を頼んでいる人も少なかったので、無理に頼まなくてもよかったかも。まあ、帰りも食べるんだろうな。

予定通りの時刻にクチンに到着。暑い。外に出るなりメガネが曇る。やはり両替はできなかったので、明日の朝、ホテルの近くで両替しておこう。空港からタクシーで移動して、10分ほどで前回と同じホテルにチェックイン。ここのホテルのネットはスムーズにつながる。メールを確認して、編集を終えたNLの校正用原稿を著者に返送しておく。帰国までに確認してもらえば、十分に間に合いそう。明日はSerianへ移動して、午後に余裕があれば自動撮影カメラの確認にも出かけたい。
コメント(0) 

夕方にも観察してみた [日常]

朝から寒くない。大学周辺にも夏鳥たちがやってきている。ケヤキがずいぶんと展葉してきた。キビタキとかそろそろ来てもよいんだけどなあ。ただ、植え込みの下から飛び立つクロツグミを見かけた。こんなところにも立ち寄るのか。

日中は来週の講義資料とGW明けにサラワク出張で休講するときの資料作成とコピー。命名法の話は高校生物でも扱っているけど、もう少し詳しい情報を記載しておく。本当は簡単な系統樹の作成とかやってもらってもよいかもしれない。以前、こびとづかんネタを利用して作成したレポート課題とか、情報をアップデートしてやってもらうか?

午後に石川県立自然史資料館の研究報告に投稿していた一昨年の卒論ネタの著者校正ファイルが届いた。

勝羽芳直・北村俊平. (2018) 自動撮影カメラを用いた鳥類による果実食の定量化:日本における外来植物ヨウシュヤマゴボウの事例研究. 石川県立自然史資料館研究報告 8:25-42.

全国的に分布する外来植物の中では珍しく、ヨウシュヤマゴボウは被食散布システム。石川県立大学の農場という人工的な環境と金沢大学の角間の里山の2か所の環境に生育するヨウシュヤマゴボウの果実に自動撮影カメラを設置し、その果実消費者を特定した研究。果実を持ち去った動物は大学農場では、コムクドリ41%、ムクドリ30%、オナガ21%、キジバト7%、ヒヨドリ1%、角間ではヒヨドリ100%とで、いずれも鳥類でした。農場ではハクビシン、角間ではツキノワグマも通過したけど、果実は食べず。

少し前に校正用ファイルが届いたのだけど、レイアウトがまったくできていなかったので、再編集を依頼したもの。表をページの一番下に設置するのは好きではないけど、まあ、これで良しとしておこう。Acorn6210でもFieldnoteDUO並みの感度で調査はできることがわかった。ただ、Acorn6210の動画を切り出した写真よりもFieldnoteDUOの静止画のほうがずっときれいに撮れているので、論文に使った写真はほとんどFieldnoteの静止画をトリミングしたもの。

スライド1.jpg

スライド2.jpg

スライド3.jpg

スライド4.jpg

スライド5.jpg

スライド6.jpg

夕方は林業試験場に出かけて、コチャルメルソウを観察して、訪花昆虫をサンプリング。午前中はすでに2回サンプリングしてみたけど、夕方にも一応、観察しておく。これまでサンプリングした場所ではなく、学生実習で使った場所で観察してみた。こちらの方が少し開花が早いので、花はもう終わりかけ。場所の違いかもしれないけど、今まであまりサンプリングできていなかったチョウバエがよく見られた。キノコバエは少なかったけど、大型のガガンボはコチャルメルソウの葉の上で休んでいる個体や交尾中の個体が見られた。写真を撮ってみると花粉まみれに見える。

P4200177.jpg

P4200183.jpg

P4200189.jpg

P4200195.jpg

ネコノメソウがすでに種子散布時期になっている。雨も降っていないのに種子がなくなって居るのがちょっと不思議だったのだけど、どうも種子食害を受けているらしい。普段はこんな時間に観察したことがなかったので、活動時間がずれていたのかも。一応、インターバル撮影して確認してみたい。ナメクジの被食散布の可能性を考えていたのだけど、残念ながら、こいつらの種子食害の可能性が高そう。

P4200203.jpg

P4200202.jpg

P4200201.jpg
コメント(0) 

林業試験場のヒメアオキが熟してきた [日常]

午前中は大学業務で一年生のガイダンスに参加。うちの学科は3分の1が県内出身者で、例年よりも割合が高い。自己紹介を聞いていると、ここ数年とはちょっと違った傾向みたい。どうも魚採りが好きな学生が数名いるようす。残念ながら、大学周辺の田んぼや用水ではあんまり魚の多様性は高くないなあ。クワガタ好きとかタナゴ好きとかいるらしい。久しぶりに来週の講義で身近な生きものを5種あげてもらうアンケートやってみようかしらん。

午後は大学院生の調査につき合って、林業試験場のヒメアオキの様子を見に行く。さすがにカントウマムシグサはもう食べられないだろう。積雪が多すぎると春の雪解け後も食べられないので、果実消費率はあまり高くなさそう。こういった年には秋の早い段階で果実が利用されないと、あまり食べられずに終わってしまうのか?

角間のヒメアオキはほとんど赤く熟しているけど、林業試験場は場所によって違いが大きい。積雪が多かった場所はまだ緑色の果実もちらほらみられる。ただ、去年よりも結実数は多そう。カメラもおけそうなくらいの果実はありそうなので、調査はできそう。ただ、サクラは雪による枝折れ被害が大きく、かなりのダメージを受けている様子。ソメイヨシノは終わりかけ、ヤマザクラやオオシマザクラは満開くらい。クロサンショウウオは卵のうの傍でウロウロしている個体を見かけた。水際に転がっていた卵はヒキガエルだったのか?ずっかり吸水して膨らんでいた。

P4091692.jpg

P4091693.jpg

P4091694.jpg

P4091701.jpg

P4091702.jpg

スギ林の林床ではサカゲイノデがでてきた。明るいところでは、ネコノメソウが開花して、アサツキが大きくなってきた。時々朝市でも売っているのを見かけるので、すっかり春ですな。

P4091696.jpg

P4091686.jpg

明日から前期がはじまる。しばらく忙しい…。
コメント(0) 

ESJ65四日目 [学会]

今朝はバイキングではなく、和食のお店へ行ってみる。窓際の席で非常に眺めがよい席だったけど、料理はバイキングのほうが良かったかな。明日はまたバイキングに戻ることにしよう。

朝一番にポスターを張っておいて、あとは総会に参加。懇親会の次の日が総会だったので、参加者数が少ないことが心配されたけど、理事の皆さんは欠席することなく、みなさん参加。すばらしい。ただ、総会会場は100名ほどのスペースで十分だよなあ。例年とはちょっと違って、会計の部分はわたしが説明。科研費がとれないと大幅な赤字になるんだけど、みなさん意義なさそう。まあ、1年くらいならこの赤字になっても問題はないかという判断なんだろうけど。

表彰式後は第二総会に参加し、その後は第一回理事会に参加しながら、お弁当を食べる。コアタイムの終わりかけになって、ポスター会場に出現してみると、縮小版はすでになくなっていた。午前中とかコアタイムに来ていただいた人には申し訳ないけど、すでに論文が出ているので、そちらを読んでもらうことにしよう。2時間ほどポスター会場でぱらぱらとやってくる人に簡単に解説。イチョウの話をしたときもそうだけど、タイのサイチョウの話をする時よりも圧倒的に聴衆が多い。まあ、身近な生きものの方が話題として興味をひくんだろうなあ。来年は○○の種子散布の話題提供できるように論文化してしまおう。

夕方は実行委員会の引継ぎ会議、途中からシステム改修の会議に参加。来年度は神戸大会、その次は中部大会。神戸大会はいろいろな意味で実験場的な意味合いがあるので、なかなか大変そう。その後は執行部の打ち上げでジンギスカンをいただく。今回の初ジンギスカン。結構わかりにくい場所だったらしく、みなさん到着までに苦労した様子。食べ放題といわれても一番若いのが私なので、それほどみなさん食べられません。2時間ほどおいしくいただいてすでに23時。

ここからさらにセンター飲み会に合流。歩いて出かけたけど、途中、電話で呼び出され、合流。すでにみなさんできあがっていますな。ほぼ20年前と変わらんような感じの飲み会メンバーで、教授になったメンバーをお祝いする会らしい。○○なくても教授になれるんだ!との名言(迷言?)があったらしい。閉店まで飲み明かし、その後、ホテルでの見続けるグループとはお別れして、宿に戻る。25時ですがな…。まあ、明日は朝の打ち合わせがないので、のんびりしよう。
コメント(0) 

ESJ65三日目 [学会]

昨夜は早めに宿に戻って寝たこともあり、今朝も早くに目覚める。朝からおいしい朝食をいただいたけど、バイキング形式の料理を一通り食べたので、明日は別のお店に行ってみよう。

今日は大会本部で明日の総会資料の作成作業。初日の委員会から送られてきた資料の確認やいろいろな表彰式のスライドとか、執行部で作っているんですな。午前中は資料作成でほぼ終了。昼は歴代会長・幹事長会食なるものに参加して、午後は資料作成の続きで、途中から口頭発表で種子散布関係の発表を聞いたり、ポスター発表で面白そうなものをちょこっとだけ聞く。

夕方からは懇親会に参加するためタクシーで移動。あまり参加者は多くなさそうだったけど、料理はまあまあのスピードで消えていった。懇親会中に雪が降りだしていて、帰るころには結構な降り方だった。ホテルが近くてよかった。今日も査読しようと思って居た論文を読み終わることなく寝てしまった。

コメント(0)