So-net無料ブログ作成
検索選択

ESJ64二日目 [学会]

朝一番に大会本部で今日のスケジュールを再確認。余裕があるのは午前中だけなので、ざっとポスター会場を見てまわり、種子散布の企画集会T03「森林の哺乳類・鳥類による種子散布システム~最新の定番ツールでどこまで読み解けるか~」に参加。シンポジウムも並列開催された時間帯だったけど、会場はかなり埋まっていた。

企画者の正木さんから企画趣旨の紹介後、最初は永光さんが花粉と種子の移動についてSNP、SSR、microsatelliteなどの遺伝標識やParentage analysis、Gene pool analysis、SGS analysisなどの解析手法について紹介。私は自分で遺伝解析する予定は今のところないけど、論文の査読が回ってくることもあるので、基本的な知識を復習することができてよかった。ただ、英語スライドだったので、うちの学生たちはほとんど理解できなかった様子。

小池さんはタヌキやクマの種子散布の研究について動物側の視点から紹介。体内滞留時間には個体差や性差がある場合もあるけど、結局は動物側の行動パターンに大きく依存して種子散布先が決まる。大量の追跡データがあれば、体内滞留時間のデータは近縁種のデータで代替したとしてもまあまあシードシャドウの推定はいけるのかもしれない。

直江さんは最近の酸素安定同位体を利用して標高方向の種子散布を解明した研究の紹介。広い範囲の標高帯に分布する植物なら、お金を気にしなければ使えそうな手法だけど、ミズキの検量線がイマイチだったのはサンプル数の問題だろうか?それとも結実に明確な年変動がある樹種ではうまくいかないのだろうか?テンが意外と垂直移動しているのだけど、これまでに知られている行動圏サイズから矛盾しないくらいの距離なのだろうか?あと、正木さんからのコメントにもあったけど、垂直移動した先での種子の運命を追跡したいところ。同じ糞から出現した種子が同じ標高帯の種子であれば、一部をサンプリングして、残りを追跡することはできるのではないかな。

最後は吉川さんが森林景観レベルでの種子散布について、最近Biological Conservationに掲載されたばかりの小川で鳥の動態と果実の動態を調べた研究を紹介。謝辞に書いてあるけど、査読者6人に対応するのは大変だったのではないかな。果実資源量の定量化に使っている手法を角間でも使ってみるかな。一度、学生と一緒に練習してみるか。あと最後にちらっと体サイズと体内滞留時間のレビューデータも紹介。しっかりナメクジの体内滞留時間も掲載されていた。

最後にコメントするのを忘れてしまったのだけど、動物による種子散布の研究は非常に沢山の要因が絡んできて、結果もクリアーにはでないことも多いけど、うまい切り口でアプローチできれば、大学院での研究テーマとして十分成り立つと思います。吉川さんや直江さんより下の世代の研究者の参入をうまく取り込んでいけるとよいのだけど。どの発表も自分の研究を紹介するだけではなく、最新の研究成果も紹介していたので、必死にメモを取っていた参加者が結構いた。わたしももうちょっと論文メモ書きの更新頻度を高めたい。

その後はポスター会場で種子散布絡みのポスターと集中講義でお邪魔した大阪市大の学生のポスターをざっと見る。まだシンポジウムが行われている時間で発表者が少なかったのは残念。ただ、今年は種子散布絡みの発表はあまり多くはなかった様子。動物と植物の相互作用分野では、送粉分野のポスターに面白そうなものが多かった。

お昼はEcological Research、Journal of Plant Research、Journal of Ethology、Population Ecology、Plant Species Biologyの編集関連の方々の情報交換会にオブザーバーとして参加。どの雑誌からも査読依頼来るんだよな~。小さい学会だと雑誌を維持するのがけっこう大変らしい。熱帯生態学会ともかなり高齢化が進んでいるので、ちょっと気にしておこう。その後は今大会のメインである執行部の業務内容の引き継ぎ打ち合わせ。うう、貰った情報が多すぎて処理しきれていない。

今日は夜の自由集会には参加せず、総会資料の準備作業のお手伝い。来年は自分たちがやるんだものなあ。8時に終了したけど、飲み会には参加せず、ホテルで早めに休む。

ESJ64初日 [学会]

朝から微妙に頭痛。昨日の夜に油断して、何も花粉症対策をせずに寝てしまったのがいけなかったかもしれない。空気清浄機とかつけたほうが良かったか。シャワーを浴びたらちょっとすっきりしたので、朝食へ。学習院のツバキにヒヨドリが来ている様子がよく見えた。写真撮りたいけど、TG-4では距離がありすぎるので難しそう。明日はもう少し窓側に座ることにしよう。意外と雨が降っていたので、折り畳み傘をもって大会会場へ移動。思っていたよりも寒い。山手線、東西線と乗り継いで早稲田大学へ。人の流れについていったら、会場に到着。大会本部で腕章とスタッフ名札を受け取り、まずは大会企画委員会に参加。今年もいろいろとトラブルはあったけど、どうにか大会にこぎつけることができた。わたしも大津のEAFESから6年間かかわった運営部会からは卒業。

お昼は野外安全管理委員会。来年度こそ野外安全マニュアルを完成させることになる予定。和文誌への見積もり依頼を忘れずにしておかねば。この委員会もかなり長い間、関わってきたので、次年度の更新の際に後任候補を考えておきたい。続いてエコリサの編集委員会に参加。相変わらずたくさんの論文が投稿されてきている様子。特集号もいくつか進んでいるので、来年度も充実した雑誌になりそう。その後は大会本部で執行部の代議員会の準備の見学とお手伝い。

夕方は代議員会にオブザーバーとして参加。代議員会は予定の3時間はかからなかったけど、朝からずっと会議でさすがに疲れた。今日一日で入ってきた情報が多すぎて、優先順位をつけておかねば。今日の自由集会には参加したいものがあったけど、あとで感想ツイートなど探して見よう。

その後は場所を移動して関西地区での年次大会についての情報交換。ずいぶんと情報が整理されてきたので、大変だと思いますがよろしくお願いします。帰りに都電に初めて乗って、駅から目白に向かうつもりが、きちんと確認していなかったら池袋についてしまった。おとなしく山手線で帰る。

久しぶりに車で入った [日常]

午前中は天気が持ちそうだったので、林業試験場の自動撮影カメラの確認に出かける。スギ花粉におびえていたけど、今日は大したことなさそう。林業試験場でもようやく雪が減ってきて、久しぶりにいつもの場所まで車で行くことができた。先週、一部で果実が減りだしたので、ちょっと期待していたけど、この1週間でずいぶんと減少した。もう食べ残されてしまうのかと思ったけど、まだ食べるらしい。まあ、他に食うものなさそうだものな。一部はカメラを回収して、残った果序も持ち帰って、果実数を計数する。

P3030581.jpg

P3030618.jpg

カメラを確認して、貯水池の中を確認。お、アカガエルが何匹もいる。クロサンショウウオの卵塊はまだ1つだけだった。これから増えてくるのかな。水路沿いのコチャルメルソウはまだ花序を立ち上げてはいなかった。最近、ちょっと気温が高かったけど、来週はまた雪になりそうだから、もうしばらくかかるだろう。そのまま角間にもでかけて、カメラの確認。こちらは食べつくされたものが多いので、カメラを回収する。ジャノヒゲってなかなか食べられないなあ。フキノトウやオウレンが咲いていた。春は近い。

P3030620.jpg

P3030621.jpg

P3030624.jpg

P3030639.jpg

P3030626.jpg

研究室で昼食を食べていると学内にハトが落ちていると連絡があり、拾いに行く。しっかりと窓ガラスにぶつかった跡が残っていた。とりあえずビニール袋に詰めて冷凍しておこうかと思ったら、足輪がついていた。レース鳩でしたか。残念ながら、死亡しているけどネット検索して、連絡先に届けておく。石川県内で飼育されていた個体だった様子。その後、ハクビシンの胃内容物から出てきた生物の同定依頼。いや、これ見せられてもナメクジとは断言できんな。とりあえず解剖してみると、ナメクジっぽい雰囲気だった。

P3030646.jpg

週末のESJ64用のポスター作成の準備で、Rを使ったnMDSの解析方法をざっと調べてみる。2004-2007年に収集したネズミの捕獲調査データで一度、立教大学にいたころにゼミで話したあと放置していたもの。Rarefaction curveで明らかに果樹園のデータは他よりも高い種多様性を示している。同じ手法を用いて捕獲調査をしていたランビルデータと比較してみると天然林や伐採林の捕獲数は同程度で、果樹園がやたらと高い数値を示しているので、まあ餌資源が多いんだろうけど、餌のデータはないからどう説明したものか。

研究室の打ち上げ終了 [日常]

朝から咳込んで目が覚める。先週からの体調不良がまだすっきりしない。朝から先週どうにかこうにか仕上げた南アフリカのサイチョウ絡みの学位論文2つの評価手続きの仕上げの書類を作成。うーん、自分で調べて対応できるところは書きあげたので、あちらに送ってみて不足があれば連絡してくるだろう。

午後は卒論の修正が終わった学生の原稿を順番にチェック。例年、もういいかとさぼってしまって、統一感がない卒論になっているので、今年は文献情報などの形式も細かくチェック。毎年、同じことを学生に伝えるのは面倒なので、既定の書式を作っておくのがよいのだろうな。ただ、タイピングをもうちょっと練習してもらわないと困るなあ。ワードにしてもエクセルにしてもコピーペースト作業までマウス使っていると時間がかかりすぎる。

夜は研究室の打ち上げ。ジビエ料理の店で、クマ刺し、クジラ煮込み、イノシシ鍋、スズメの焼き鳥、シカしゃぶなど珍しいものを食べて過ごす。学生の口にはスズメは合わなかった様子。まあ、普通に考えたら、イノシシとかの方がおいしいわな。普通にバイガイの刺身とかがおいしかった。3時間ほど楽しく飲み食いして終了。明日は共同研究絡みの論文読みと生態学会のポスターにとりかからねば。

テンナンショウ属の果実消費の論文 [論文]

昨夜、めでたく受理通知が届いた論文。

小林瑞樹, 北村俊平, & 邑田仁. (in press) 日本産テンナンショウ属(サトイモ科)の果実熟期の分化と種子散布:季節で異なる果実食鳥類とその果実持ち去り率・速度. 植物研究雑誌

兵庫にいた頃に筆頭著者の方から何度か相談を受けていたテンナンショウ属の果実消費者を自動撮影法により調査した研究です。関東地方ですでに自動撮影法によりテンナンショウ属3種の果実消費者は明らかにされていますが、より幅広い分類群を対象とした自動撮影法から、夏に熟すテンナンショウ属と秋以降に熟すテンナンショウ属では、果実の消失速度が随分と違うことが示されています。

私は秋以降に熟すテンナンショウ属しか見たことがないのですが、夏に熟すテンナンショウ属はヒヨドリがほとんど食べてしまうようです。さて、卒論でまとめてもらったカントウマムシグサのデータもどうするか検討しなければ。