So-net無料ブログ作成

サラワク二次林調査5日目 [研究]

いつもどおり6時半前に起床。今朝は雲があついけど、晴れている様子。調査に出かける準備をして、朝食にいく。今日は植林イベントがあるらしく、そこでのお弁当を大量に準備中だった。昨日はカレー風味の麺で失敗したので、今日は普通にラーメン風のものを注文。お弁当をもって、今日は別方面の二次林にでかける。片道1時間ほどの道のりで、こちらも道路拡張工事中で、道路がデコボコのところが多かった。

P3040960.jpg

P3040961.jpg

P3040962.jpg

P3040967.jpg

P3040969.jpg

P3040972.jpg

P3040973.jpg

今日は調査地の下見で、以前にIさんが作成したプロットへでかける。この辺はケランガスっぽく、土壌も白っぽいし、今まであまり見かけたことのないウツボカズラを見かける。これは講義用に写真を撮っておかねば。ついでにランも写真撮影しておく。最初に訪問したプロットは20年くらいが経過した二次林。結構、ごちゃごちゃしているなあ。道路からも近いし、個人所有の土地だそうなので、自動撮影カメラも置けそう。シカがここでの調査は後回しにして、次のプロットに向かう。

P3040978.jpg

P3040979.jpg

P3040982.jpg

P3040991.jpg

P3040997.jpg

P3041005.jpg

P3041026.jpg

道路からわき道にそれて、しばらく悪路を進んだ先で森に入る。こちらはしばらく歩くとヤシが多い二次林に出てきた。ここも2か所のプロットが比較的近い距離で隣接している場所。このヤシは酔っぱらう花蜜を出す種に似ている。林床は比較的歩きやすいけど、このヤシがいたるところに生えている。毎木調査の種名の確認をして歩いている際に先日見かけたのとよく似たBurmanniaを発見。お、これは開花している。せっかくなので黄色の花を撮影しておく。ここもレーザー測量を行っている間に倒木調査のお手伝い。ムジサイチョウの鳴き声がしたと思ったのだけど、地元の人からあれはムササビの一種だとの返答。確かに羽音がしなかったから、そうなのかも。それにしてもテナガザルとかサイチョウの鳴き声が響かない森はさみしい。

P3041072.jpg

P3041093.jpg

P3041059.jpg

P3041098.jpg

帰り際に残り2か所のプロットを確認して、今日の調査は終了。雨が降りそうだったけど、大したことはなくて助かった。途中、結構路面がぬれた場所もあったので、場所によっては激しく降っていた場所もある様子。1時間ほどかけて宿舎に戻る。今日はあまり観光客がいなかったのか、水道の水も問題なく出てきた。

P3041109.jpg

P3041111.jpg

P3041115.jpg

明日は最初に下見したプロットを再訪して、自動撮影カメラを設置する予定。
コメント(0) 

サラワク二次林調査4日目 [研究]

朝から雨で、とりあえず仕事に出かける準備はして、朝食に出かける。今日、出かける予定だった場所も雨とのことで、今日はお休みに。わたしは体調不良気味のこともあり、宿舎で寝て過ごす。1時過ぎに昼食に出かけて、ラクサをいただく。Oさんも体調不良気味とのことで、熱がある様子。

P3030958.jpg

午後もひたすら寝て、夕食はバクテーのお店で、ドライバクテーをいただく。夕食後も早めに休んで体調回復に努める。夕食後寝ていると体調が回復してきた傾向。ただ、昼間に散々寝ていたので、夜はほとんど眠れなかった。まあ、元気になりつつあるということで。

P3030957.jpg
コメント(0) 

サラワク二次林調査3日目 [研究]

体調は完全には回復してはいないけど、悪くはなっていないようなので、そのまま調査を続行。朝ごはんは町まで下りて食べるので、調査用具をもっていくかどうか悩んだのだけど、一度、宿舎に戻ってくるつもりで、軽めの準備ででかける。

朝食は細焼きそばで、ここで昼食も購入してから移動。バナナを買うつもりだったけど、忘れてしまった。そのまま調査地に向かいそうになったので、いったん宿舎に戻って自動撮影カメラなどを回収してから調査地へ。昨日、下見しなかった比較的年数が経過した二次林へでかける。結構、国立公園の奥まで出かけるらしい。途中、かなりの悪路もあったけど、4WDなら問題なさそう。ただ、雨が降ると面倒そう。今日は朝から晴れているので、道路は暑い。

P3020912.jpg

P3020913.jpg

P3020919.jpg

P3020920.jpg

藪を抜けてプロットに向かうと、確かにここは比較的年数がたっている感じ。伐採後も残されており、それほど年数は経過していない様子。とりあえず今日はここで調査することになるので、まずは自動撮影カメラを置けそうな場所をチェック。斜面上から来る動物を狙うつもりで設定してみる。その他のメンバーは毎木調査やキノコ調査など。レーザー測量機を使っている様子を初めて見たけど、うまく使うと一度にこんな風にデータをとることができるとはすばらしい。

カメラは隣接する2プロットで3台設置することにしてみる。とりあえず、数日間様子を見て考えましょう。ハンターの人が利用するトレイルもあるらしく、確かに道ができている。でもここに設置すると遊ばれるのが目に見えているので、少し離れた場所に置くことにする。一応、盗難防止のワイヤーなども設置してみたけど、ナタを常備している人たちにするとすぐに切れるから、あまり意味はないかもしれない。とりあえず、性善説で調査してみましょう。

P3020929.jpg

P3020928.jpg

P3020933.jpg

P3020938.jpg

P3020946.jpg

2プロットの調査を終えて、もう1か所やろうかどうしようか迷ったけど、早めに切り上げて宿へ戻る。途中から雨になったので、良いタイミングで調査を終えることができた。ただ、体調不良気味なので、今日もあまり無理せずに夕飯までを過ごす。夕飯後はコインランドリーで洗濯。大型なので数人分を一度に投入して、その間はFreeWifiにつなぐ人やスーパーに買い出しに出かけるなどして、20分ほどの待ち時間を過ごして、寄宿。

今日も早めに就寝。
コメント(0) 

サラワク二次林調査2日目 [研究]

夜に喉に違和感を覚えて目覚める。クチンへのフライトが寒くて冷えてしまったのかもしれない。うがいをして寝なおして、朝食までのんびりと過ごす。8時に朝食に出かけて、食べながら今日の予定を打ち合わせ。とりあえず10時にこちらの共同研究者の学生たちが迎えにやって来るらしいので、それに合わせて部屋をチェックアウトする予定。

P3010846.jpg

荷物が多いので9時半ごろからはやめにチェックアウトしてロビーで車待ち。10時に全員そろったところで、クチンから100キロくらい離れた宿泊先へ3台の車で移動。シュシュさんとダグラスさんの二人の案内で移動。最寄りの町のSerianまで結構安全運転でのんびりと移動。サラワク州内は道路拡張が進んでおり、片側2車線化を進めているらしい。そんなに広い道路いるかなあ。

予定よりも少し遅れてSerianの町でバクテーの昼食。ドライバクテーを初めて食べましたが、こってりとした味わいでした。ちょっとだけ調査用具を買い足して、宿舎のある公園に移動。観光客向けのロッジで、眺めの良い場所だけど、途中の坂道は大量の調査用具をもって登るのは大変だった。

14時から調査プロットの下見に出かける。1時間ほどドライブして、アブラヤシに囲まれた国立公園へ向かう。アブラヤシ会社のゲートを抜けた先に植林地があり、その中に点在している二次林が調査地。最初は比較的若いところで、Macaranga giganteaなどが生えていた。結構、落葉も見られた。ここに2プロットあり、自動撮影カメラをおいてもよさそう。ただ、生き物がいる気配がほとんどしない。ヒルやダニも少ない。

P3010847.jpg

いったん車まで戻り、次のプロットへ移動。こちらはもう少し年数がたった二次林で林床も薄暗い。途中、菌従属栄養植物のようなものを見かけたので、忘れずに写真撮影。あとからFB経由で確認してもらったら、多分、普通種の様子。調査対象ではないし、サンプリングはできないので、写真だけ撮影しておく。こちらは川を挟んでいたり、ちょっと林床の様子が最初の場所とは異なる様子。さすがに熱帯林のような感じがする雰囲気。

P3010873.jpg

P3010877.jpg

P3010881.jpg

P3010887.jpg

明日はもう一か所の古い二次林を下見にする予定で、今日は宿舎へ戻り、Iさんと合流。片道1時間はかからないけど、そこそこ距離がある。この辺からちょっと鼻水が多くなってきたのは、風邪の症状が出てきた感じ。夕飯まではメールの返信などして、過ごし、夕食はSerianにでかけて、タイでいうところのカオマンガイをいただく。その後、スーパーマーケットで買い物をしてから、戻る。体調不良気味なので、エナジードリンクと100+を購入して、水分補給しておく。

宿舎に戻ってからは自動撮影カメラを準備して就寝。体調回復につとめる。ちょっと最近、無理しすぎていたかもしれないので、おとなしく早めに休む。
コメント(0) 

サラワク二次林調査初日 [研究]

のんびり起床するつもりだったけど、6時前に目が覚めてしまったので、少し早めに起床。目覚ましを設定している意味がない。このホテルで初めて朝食を食べたけど、高いだけあってさすがにメニューが豊富でよろしい。まあ、空港にも近いし、朝から電車が動かない可能性を考えると前泊するのが無難だな。先に空港でWifiを受け取るつもりで移動したけど、まだ開店前だった。そうか、7時からだったか。仕方がないので部屋に戻って、さっさとチェックアウトして、空港へ移動。

まずは別送した自動撮影カメラなどを受け取り、チェックイン。荷物がかなり重かったのだけど、ステータスのおかげかオーバーチャージはなしで乗り切れた。ぎりぎり研究費で収まる額だと思っていたけど、これは助かった。数万円無駄にならずに済んだ。ついでにラウンジ―クーポンももらえたので、出国審査を終えてからはラウンジでのんびりと生態学会のプレゼン資料の続きを作る。ナメクジやカタツムリの種子散布の歴史は結構古い。

搭乗時間までのんびりとラウンジで過ごし、搭乗ゲートで同行する京大と徳島大メンバーと無事に合流。去年の5月にもクチンで学会に参加したので、今年度に限ると2回目のクチン行き。7月のATBCに参加するともう一回行くことになるけど、どうしたものやら。KLまでの機内は査読をするつもりだったけど、さすがにちょっと疲れ気味なので、のんびりと機内映画を見て過ごす。KLにはほぼ予定通りの時刻に到着して、とりあえず両替しておく。前回、コタキナバルに行った時にはずいぶんとレートが違ったけど、今回もそうかもしれないなあ。みんなでコーヒーを飲みながら休憩して、その後はネットでメールチェックなど。

クチンへのフライトは30分ほど遅れて搭乗。機内はうとうとしているうちにクチンへ到着。入国審査や荷物の受け取りはスムーズ。先に来ていた高知大のIさんに拾ってもらって、本日宿泊のホテルへ移動。明日は8時に朝食で集合する予定で、解散。さすがに疲れたので、早めに就寝しようかと思ったけど、フライト中に少し寝たので、あまり眠くはない。とりあえず、荷物を調査用に切り替えて、運んできたものを確認しておく。

今年度4回目の海外出張だけど、うまく調査できるといいなあ。
コメント(0)