So-net無料ブログ作成

キナバタンガン調査1日目 [研究]

朝食開始時間に起床して、会場に行くとすでに行列だった。もうちょっと早めに起きたほうがよかったかもしれないけど、開店直後の行列だった。朝食後にチェックアウトして、京成で成田へ移動。申し込んでおいたWifiルーターを受け取り、その後はKさんとAさんとの待ち合わせ場所で荷物受け取る。3人で結構な量の荷物をもってマレーシア航空のチェックインカウンターに移動。120kgもあったので、30kgほど超過料金を支払い、無事に出国手続きを終了。

KLまでのフライトでは、日本語化されているお気楽な映画を見て過ごす。と言いながらも霊長類に関係するものばかり見てしまった。ほぼ予定通りの時刻にKLに到着。あんまり機内では眠れなかった。KL空港内で関空発のフライトで移動してきたYさんとHさんと合流。国内線が遅れているらしく、遅れてKKへ向かう。さすがにお腹が減っていたので、機内食がずいぶんとおいしく感じた。KKには21時ごろに到着。空港内の両替がまだ空いていたので3万円両替してみたら、KLよりも交換率がよかった。

空港からタクシー2台に便乗して、宿泊先のシャングリラホテルに移動。前回はボルネオジャングルスクールで利用した時だから、2011年か。チェックインして、荷物を部屋に入れて、コンビニで買ってきたビールを飲みながら、遅いフライトで移動してくるメンバーを待ち受け、24時ごろまでホテルのロビーで明日の打ち合わせ。KKでは問題なくスムーズにネットにつなげている。
コメント(0) 

会議で終わった一日 [日常]

午前中に来年度の学内イベントの打ち合わせ。高校生相手の実習だと何をネタにしたらよいのか悩ましいところだけど、高校生物では知識として習うけど、実際に目にすることが少ない生物を見てみることで決まりそう。まあ、農業ともかかわりがあるし、マメ科植物はどこにでも生えているから、自分で採集してもらうのと実験室内での観察を組み合わせたらよいでしょう。

昼食後は来月の生態学会の理事会の事前打ち合わせ。今回はスカイプ経由で京都事務局に集合したメンバーといろいろと検討。1か月以上前に整理した情報は、MLに流してしまうと忘れてしまっている。自分のした作業なのに思い出すのに時間がかかる。寝かせておいてよいアイデアが浮かぶ場合もあるけど、この辺の事務仕事に関しては、プログラミングと一緒で未来の自分のことを考えて、メモを残しておいたほうがよさそう。まあ忘れないうちに一気に仕上げてしまえばよいんだろうけど。

来年の生態学会は自分のポスター発表はヒメアオキ、学生のポスター発表はカントウマムシグサと両方とも石川県での研究ネタ。あと自由集会が採択されれば、ナメクジの種子散布の話題提供もする予定。もっとも、自由集会は理事会とかと重複する可能性もあるので、発表できるのかどうか怪しいけど、レビューだけでもしっかりやっておかねば。

来月も理事会前に事前打ち合わせの予定。12月はいろいろ予定があるなあ。とりあえず12月の最初は中部地区会の総会に初参加の予定。研究室の学生も発表してもらうことにしたけど、卒論をまとめる前にはちょうど良い機会かもしれない。あと1か月でしっかり図表をまとめてもらいましょう。

今回の連休中に石川県立自然史資料館の企画展(冬虫夏草展−昆虫と菌類の不思議な世界−)に行く予定。

コメント(0) 

石川県哺乳類研究会に参加した [日常]

さすがに視察の移動で疲れたので、朝はのんびりと起床。朝のうちにいろいろと片づけ物を終わらせて、体をほぐしに子供とプールに出かける。温水プールとはいえ、さすがに長時間は寒いので、ほどほどにして帰る。

午後から石川県哺乳類研究会の総会が開催されるので、お弁当を持って、研究室に向かう。たまっていたメールのうち、急ぎのものは返信して、その後は同行者から送られてきていた報告書の内容確認。視察に行ったものの、この内容を生かした形のコース設計にまで持ちこめるかは難しいところ。少し写真を並べ替えたりして、全体の体裁を整えて返信。その後、使用する会議室にプロジェクターとPCを設置して、あとは部屋を空けておく。開始時間の2時までに時間があったので、研究室のヤマナメクジたちにエノキを与える。

2時から予定通り総会がスタート。石川県内の哺乳類の情報はこの会に参加したときに聞くくらい。最近は登山客や観光客が気軽に写真を撮影して、報告することができる。真面目にシステムの構築に取り組めば、もう少し希少種の情報を集めることができるかもしれない。しかし、哺乳類研究会もメンバーの年齢構成が非常に高い方に偏っているので、現在改訂作業中のレッドデータの作業を次は誰がやることができるだろうか。

最初は石川県の大型哺乳類の現状について、Nさんからの報告。行政データとして収集されているものだけど、管理計画に利用している個体数推定や分布拡大情報などが紹介される。参加者からニホンカモシカの推定値はかなり古いので更新が必要とのコメント。

次は環境アセス絡みで行われているコウモリ調査。タイ南部にいたころにコウモリ調査をちょっとだけ手伝ったことがあるけど、カスミ網に絡んだ個体を外すのは結構大変だった覚えがある。ハープトラップって普通に使われているのか。コウモリでも音で誘引するようなことが行われているらしい。ちょっと驚いたのはコウモリの寿命。こんな体サイズなのに、寿命は長いのね。いろいろ個体識別で来ているので、個別データをしっかり解析すると面白そう。

最後は能登半島のコウモリ相の調査の話題提供。海外の風発ではコウモリがぶつかる場合もあるらしい。森林性のコウモリは調査がなかなか難しいようす。確かにねぐらを頻繁に変更すると追跡調査は難しいだろうな。人工ねぐらなどを利用するような仕組みを作ることができれば、面白いことがわからないだろうか。実はかなり移動している可能性も高そう。ほとんど聞いたことがないコウモリ調査の実際をじっくりと聞くことができてよかった。

コメント(0) 

豊岡から青垣へ [日常]

5時半ごろに目が覚めたけど、うだうだして過ごす。6時半ごろからニュースを見ながら、メールをチェックして、急ぎのものに返信しておく。昨日の飲み会でも話題になっていた対馬のカワウソはユーラシアカワウソだったらしい。まあ、そうだわな。7時に朝食にでかけて、予定通り8時10分にロビーに集合して、レンタカー屋さんへ移動。雨はほとんど降っていなかった。目的地に着く前に稲刈り後の田んぼにいたコウノトリを観察。雨が降りそうだったので、双眼鏡とかCoolpixも持ってくればよかったかな。

最初にこちらの施設の成り立ちについて、いろいろと情報を教えていただき、その後は実際に施設内を見学して、あっという間に2時間半ほどが経過。以前にも来たことはあるけど、今まで見学したことのない場所もあったし、この数年間にいろいろと変わっているところもあったので、来てみてよかった。裏山はシカがたくさん出るとの話だったけど、実際、車での移動中に10頭ほどの群れが道路を通過していくのを見ることができた。石川県では見られない光景だなあ。

その後は午後に訪問する施設のある青垣に向けて車で移動。途中、円山川沿いでコウノトリを見かけなかったけど、白いサギと黒いカワウのコントラストがなかなかきれいだった。途中、昼食を済ませて、目的地近くの道の駅で時間調整。でも時間調整せずにさっさと目的地を訪問してしまえばよかったのかも。わたしはここに来たのは初めて。まあ、車がないとなかなか来るのは難しい場所でもある。

こちらでも施設の成り立ちについて、いろいろと情報を教えていただき、その後は施設内を見学して、あっという間に2時間半ほど経過。獣害対策の話は聞いてはいたけど、具体的な中身はよく知らなかったこともあった。まあ、いろいろと悩ましい問題もありそうだけど、同じような問題は石川県でも生じることはあるだろう。ただ、石川県では獣害による被害金額が兵庫県よりも格段に少ないので、なかなか同じような対応をするのは難しいだろう。以前、兵庫にいたころに廃棄処分になるところだったタイリクオオカミのはく製がきれいに飾られていた。日本の哺乳類と比べるとずいぶんと大きい。

予定よりも遅くなったけど、福知山に向けて出発。カーナビが示す最短距離を進んでいくと峠越えのずいぶんと狭い山道だった。まあ、明るい時間帯でないと運転する気にならないような道だった。兵庫県から京都府に入ったら、道がきれいになった。福知山でレンタカーを返却して、電車の切符を変更して、特急きのさきで京都に向かう。車内で今日の視察内容を簡単にメモしなおして、あとは日記にメモしておく。もうちょっと写真をいろいろと撮影しておけばよかったかもしれないけど、まあ、いいか。

問題は今日の視察内容をこれからの大学運営にどの程度生かすことができるのかだけど、すぐには結果が出そうにないものばかりなので、なかなか難しいところ。
コメント(0) 

大学キャンパスでシロハラを拾った [日常]

昼から豊岡に移動するので、朝のうちだけ研究室に顔を出す。急激に気温が下がったけど、ヤマナメクジたちは元気な様子。研究室でメールに返信していると、大学事務からスズメのお宿になっている中庭に鳥が落ちているとの情報を教えてもらう。とりあえず、ドバトやスズメではなさそうなので、ビニール袋をもって拾いに行く。

落ちていたのはシロハラだった。今日は雨が降っていたから、窓ガラスが見えにくかったのだろうか?もうこの辺をウロウロしているのね。電話をいただいた事務のメンバーにもちょっと見ていただき、フレッシュな状態なものであれば、引き受ける旨伝えておく。今までも学生が拾ってきたものは、ラベルを付けて冷凍保存しているので、同じように通し番号をつけて冷凍保存。それほどたくさんのデータがあるわけではないけど、10月上旬から中旬にかけて、渡り途中の鳥を拾っていることが多い。まあ、この時期はぶつかる可能性があるから、気にかけているので拾う数が多いだけかもしれないけど。

10時前に切り上げて、いったん自宅に戻ってから、出張準備を整えて、駅に向かう。小雨が降っているので、面倒だけど傘をさして歩く。10分ほどとはいえ、ちょっと面倒くさい。移動の車中は届いたばかりのローカル認証の本を読んで過ごす。分野違いのところは日本語の本がありがたい。扱っている対象は様々だけど、視点を変えると共通点もいろいろとありそう。まあ、石川県ではどのように活用していくことができるか、すぐには思いつかないけど、そのうち役に立つこともあるだろ。

予定通りの時間で新大阪に到着し、こうのとりに乗り換えて、豊岡を目指す。まだまだ先は長い。兵庫県に住んでいた頃には、よく利用した電車だけど、明るい時間帯にあまり乗ったことがないので、しばらくは風景を眺めて過ごす。三田周辺になると稲刈り前の田んぼがチラホラ見えたけど、これは酒米だろうか。菊姫が使っている山田錦ってこの辺だったよな。

豊岡に着くころにはすっかり暗くなり、小雨の中をホテルまで移動。さすがに暗かったので、移動中の電車からはコウノトリを見ることはできなかった。駅からホテルまで歩いてきて思い出したけど、2010年にピライさんと来た時に利用したホテルかな。チェックインしてからは、荷物を整理して、メールをチェック。急ぎで返事をしなければいけなさそうなメールはなかったので、帰宅してから対応することにする。

夕食は隣のホテルの1階の飲み屋で豊岡の幸をいただく。OさんとOさんがそういったつながりだったとは知りませんでした。いろいろと苦労話や昔話を聞きながら、2時間ほどの夕食は終了。明日は豊岡、青垣、福知山を経由して、京都から帰宅する予定。先は長い。
コメント(0)