So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

白山高山植物園での実習 [日常]

実家のキカラスウリがたくさん咲いてる。カメラをおいてみたところ、夜は普通にスズメガの仲間が来ていたけど、朝はスズメバチとかクマバチもやってくるらしい。

P7110295.jpg

P7110298.jpg

午前の植物生態学の講義は中立理論のさわりだけ紹介。本当はシミュレーションとかしてみるともうすこしイメージがわきやすいのかもしれない。ただ、講義時間中に地震の避難訓練があるのをすっかり忘れていた。大学生は机に潜り込んでも全身を隠すのは難しいよなあ。まあ、プロジェクターとか、直撃すると危ないものは避けるように隠れるくらいにしたほうが良いかな。

午後は日曜日に下見した白山高山植物園を訪問して、訪花昆虫の観察。大学からの移動中にだんだんと曇ってきたので、観察にはちょうど良い天気になりそう。遮るものが何もないので、直射日光さえ気にならなければ、蚊とかいないし、マルハナバチがどこに移動するのかも観察しやすい。

P7110301.jpg

せっかくなので、最初の30分くらいは開花中の植物を一通り観察してもらう。ニッコウキスゲがほとんど終わっているので、ゴージャスな花は少ない。ただ、オオバギボウシはちょうど開花ピークに向かうところで、トラマルハナバチが盛んに訪花する様子が観察できそう。同じ種の花を順番に訪問する様子やオオバギボウシの花序内のどの位置の花から訪問するのかなどを記録してもらう。今年は班ごとに2種の植物を選択して、15分×2セットの観察を行ってみた。

DSCN3133.jpg

DSCN3144.jpg

P7110321.jpg

ただ、今年の開花状況であれば、オオバギボウシに対象を絞って、1人10花序程度を観察対象にして、花の位置などを適当に記録して、行動を詳細に記録するような実習でもよかったかも。学生はみんなスマホが標準装備のようなので、訪花昆虫の写真を撮影する時間をしっかりとってもよいか。来年度以降の検討課題としておこう。

とにかく今日はマルハナバチとかしっかり観察してもらうことが一番の目的だったので、それは十分に伝わった様子でよかった。来年も実習に組み込むことにしよう。

コメント(0) 

白山高山植物園の下見に行ってきた [日常]

週末の雨で土砂崩れが起きて、道路が通行止めになっていたけど、今日は開園しているとの情報がtwitter経由で流れていたので、昼前から白峰を目指す。それにしても暑い。途中、少し早めに昼食。おいしくソバをいただく。その後、移動中、瀬女を過ぎたところでニホンザルの群れに遭遇。大学の卒研生が追跡している群れかも知れないので、時間を記録しておく。とりあえず見えた範囲でテレメがついた個体はいない様子。

P7080141.jpg

白山高山植物園の駐車場には先客の車が止まっていたけど、大した数ではない。さすがに大雨の後だけにそれほど観光客はいない様子。登山道のオカトラノオにシロスジベッコウハナアブらしきものが来ていた。水路にいたアカハライモリを捕まえて、ちょっとだけ観察させてもらう。きれいな赤色が出ている。湿地帯はコガマが開花中。例年はモリアオガエルの卵塊が見られるのだけど、今年はちょっと訪問時期が遅いので、ほとんど卵塊は見られなかった。

P7080148.jpg

P7080233.jpg


P7080156.jpg

とりあえず園内で開花中の植物をリストアップして、訪花昆虫の写真を撮りまくる。水曜日に観察してもらう時には、写真ファイルを渡しておいて、その中から絵合わせで同定できるくらいのグループで記録してもらうことにしよう。さすがにトラマルハナバチとオオマルハナバチくらいは区別してもらうことにしよう。あとはセイヨウミツバチとか、ウラギンヒョウモン、キマダラセセリなどよく見かけた昆虫を中心に撮影。今年は見られなかったけど、過去にマメハンミョウがたくさんいた日もあったので、注意喚起のために掲載しておこう。

DSCN0336.jpg

DSCN0357.jpg

P7080204.jpg

DSCN0355.jpg

トラマルハナバチがタカネナデシコに訪花しているときは、頭を突っ込んでいる様子がよくわかる。オオバギボウシにもトラマルハナバチ、オオマルハナバチなどが多数、見られた。あとはタカネマツムシソウやキリンソウにもマルハナバチとかハナアブが頻繁に見られたので、この辺を主な観察対象にしてもらうことにしよう。去年はイブキジャコウソウによく虫が来ていたけど、今年はすでに花が終わりかけ。

実際の生息環境ではないけど、こういった人工的な環境での送粉相を調べてみても良いかも。今年は観察中に花粉塊を背負ったマルハナバチには出会えなかった。とりあえず実習資料に必要な写真は撮れたことにしておこう。
コメント(0) 

夕方にも観察してみた [日常]

朝から寒くない。大学周辺にも夏鳥たちがやってきている。ケヤキがずいぶんと展葉してきた。キビタキとかそろそろ来てもよいんだけどなあ。ただ、植え込みの下から飛び立つクロツグミを見かけた。こんなところにも立ち寄るのか。

日中は来週の講義資料とGW明けにサラワク出張で休講するときの資料作成とコピー。命名法の話は高校生物でも扱っているけど、もう少し詳しい情報を記載しておく。本当は簡単な系統樹の作成とかやってもらってもよいかもしれない。以前、こびとづかんネタを利用して作成したレポート課題とか、情報をアップデートしてやってもらうか?

午後に石川県立自然史資料館の研究報告に投稿していた一昨年の卒論ネタの著者校正ファイルが届いた。

勝羽芳直・北村俊平. (2018) 自動撮影カメラを用いた鳥類による果実食の定量化:日本における外来植物ヨウシュヤマゴボウの事例研究. 石川県立自然史資料館研究報告 8:25-42.

全国的に分布する外来植物の中では珍しく、ヨウシュヤマゴボウは被食散布システム。石川県立大学の農場という人工的な環境と金沢大学の角間の里山の2か所の環境に生育するヨウシュヤマゴボウの果実に自動撮影カメラを設置し、その果実消費者を特定した研究。果実を持ち去った動物は大学農場では、コムクドリ41%、ムクドリ30%、オナガ21%、キジバト7%、ヒヨドリ1%、角間ではヒヨドリ100%とで、いずれも鳥類でした。農場ではハクビシン、角間ではツキノワグマも通過したけど、果実は食べず。

少し前に校正用ファイルが届いたのだけど、レイアウトがまったくできていなかったので、再編集を依頼したもの。表をページの一番下に設置するのは好きではないけど、まあ、これで良しとしておこう。Acorn6210でもFieldnoteDUO並みの感度で調査はできることがわかった。ただ、Acorn6210の動画を切り出した写真よりもFieldnoteDUOの静止画のほうがずっときれいに撮れているので、論文に使った写真はほとんどFieldnoteの静止画をトリミングしたもの。

スライド1.jpg

スライド2.jpg

スライド3.jpg

スライド4.jpg

スライド5.jpg

スライド6.jpg

夕方は林業試験場に出かけて、コチャルメルソウを観察して、訪花昆虫をサンプリング。午前中はすでに2回サンプリングしてみたけど、夕方にも一応、観察しておく。これまでサンプリングした場所ではなく、学生実習で使った場所で観察してみた。こちらの方が少し開花が早いので、花はもう終わりかけ。場所の違いかもしれないけど、今まであまりサンプリングできていなかったチョウバエがよく見られた。キノコバエは少なかったけど、大型のガガンボはコチャルメルソウの葉の上で休んでいる個体や交尾中の個体が見られた。写真を撮ってみると花粉まみれに見える。

P4200177.jpg

P4200183.jpg

P4200189.jpg

P4200195.jpg

ネコノメソウがすでに種子散布時期になっている。雨も降っていないのに種子がなくなって居るのがちょっと不思議だったのだけど、どうも種子食害を受けているらしい。普段はこんな時間に観察したことがなかったので、活動時間がずれていたのかも。一応、インターバル撮影して確認してみたい。ナメクジの被食散布の可能性を考えていたのだけど、残念ながら、こいつらの種子食害の可能性が高そう。

P4200203.jpg

P4200202.jpg

P4200201.jpg
コメント(0) 

林業試験場のヒメアオキが熟してきた [日常]

午前中は大学業務で一年生のガイダンスに参加。うちの学科は3分の1が県内出身者で、例年よりも割合が高い。自己紹介を聞いていると、ここ数年とはちょっと違った傾向みたい。どうも魚採りが好きな学生が数名いるようす。残念ながら、大学周辺の田んぼや用水ではあんまり魚の多様性は高くないなあ。クワガタ好きとかタナゴ好きとかいるらしい。久しぶりに来週の講義で身近な生きものを5種あげてもらうアンケートやってみようかしらん。

午後は大学院生の調査につき合って、林業試験場のヒメアオキの様子を見に行く。さすがにカントウマムシグサはもう食べられないだろう。積雪が多すぎると春の雪解け後も食べられないので、果実消費率はあまり高くなさそう。こういった年には秋の早い段階で果実が利用されないと、あまり食べられずに終わってしまうのか?

角間のヒメアオキはほとんど赤く熟しているけど、林業試験場は場所によって違いが大きい。積雪が多かった場所はまだ緑色の果実もちらほらみられる。ただ、去年よりも結実数は多そう。カメラもおけそうなくらいの果実はありそうなので、調査はできそう。ただ、サクラは雪による枝折れ被害が大きく、かなりのダメージを受けている様子。ソメイヨシノは終わりかけ、ヤマザクラやオオシマザクラは満開くらい。クロサンショウウオは卵のうの傍でウロウロしている個体を見かけた。水際に転がっていた卵はヒキガエルだったのか?ずっかり吸水して膨らんでいた。

P4091692.jpg

P4091693.jpg

P4091694.jpg

P4091701.jpg

P4091702.jpg

スギ林の林床ではサカゲイノデがでてきた。明るいところでは、ネコノメソウが開花して、アサツキが大きくなってきた。時々朝市でも売っているのを見かけるので、すっかり春ですな。

P4091696.jpg

P4091686.jpg

明日から前期がはじまる。しばらく忙しい…。
コメント(0) 

大雪の中もニホンジカ [日常]

今日は卒論が届いたら修正するつもりだったけど、昨日の金沢大学でのゼミで疲れきったのか学生が誰も出てこない。来ない学生を待っていても仕方がないので、ヤマナメクジたちにエノキをあげる。卒論締め切りまであと1か月しかないんだけどねえ。

天気も持ちそうだったので林業試験場の自動撮影カメラの交換に出かけることにする。大雪とはいえ、大学周辺は先週の雪もかなりとけたし、ここ数日は気温が高めだったので、結構、とけているだろうとの判断。雲行きがちょっと怪しい感じだったけど、もうちょっとしっかり雨雲レーダーを確認しておけばよかった。

林業試験場はさすがに雪が多い。いたるところで枝や幹が折れて、道をふさいでいた。重たい雪も降ったからなあ。今日は気温が高いせいでスノーシューを装備していても雪の中に沈みまくる。ブーツではなく、長靴でスノーシューをはくべきだった。積雪のせいでカメラの位置が相対的に低くなり、最初のカメラは雪山を楽しむスノーシューの写真ばかり撮影されていた。

P1180618.jpg

P1180621.jpg

スギ林内も落葉や枝が雪の上に多数落ちていた。スノーシューに引っかかって歩きにくい。カメラは雪で埋もれてはいなかったけど、ちょうどセンサーの検知範囲に枝が落ちてきていて、その枝に反応して電池がなくなっている場所が2か所もあった。撮影されている動物は多くはなかったけど、大雪が降った当日もニホンジカがラッセルしている様子が撮影されていた。粉雪だったから、まだ歩きやすかったかも。

P1040268.jpg

P1040277.jpg

P1020300.jpg

P1020299.jpg

P1020290.jpg

2時間ほどかけて雪山を歩きまわってカメラ交換を終了。ただ、マムシグサに設置中のカメラは枝の直撃を受けて、方向が変わっていたり、カメラが三脚から落ちて、水たまりに水没していた…。SDカードは無事に回収できたけど、カメラは浸水していたので、壊れたかも。

明日から2月のインドでのセミナーの準備を進めておかねば。昨年度、大阪市大のセミナーで話した内容が一番まとまっているので、あのスライドを英語化するかな。ただ、インドはサイチョウ類が普通に見られる国なので、あまり詳細な説明はする必要はないだろう。
コメント(0) 

雪山を歩いた [日常]

大学の講義は今日で最後。来週からは冬休みになるので、その前に研究室の3年生を連れて、林業試験場に設置中の自動撮影カメラの確認作業。雪山用にスノーシューも人数分購入したので、それを使ってみたかったこともある。大学の周辺はここ数日の雨ですっかり雪がなくなっていたけど、林業試験場に近づくにつれて路肩の雪が増えてくる。普段は調査地のすぐ近くまで車で登っているけど、さすがに雪かきしていないので、駐車場から学生たちと一緒に歩く。

濡れた重たい雪でスノーシューをつけても歩きにくい。ただ、深いところは30cmほど残っているので、長靴だとちょっとしんどい。最初のカメラのところは雪山ウオーキングを楽しんでいる人たちが多数撮影されていた。バードウオッチングと思われる方とすれ違ったけど、朝早くから観察にきているのだなあ。確かに雪が降ると普段、なかなか見かけない鳥がウロウロしていたりする。今日は小川沿いでカワガラスがよく目立った。

先々週、カメラの電池だけ交換したときには新雪の後で、動物たちの足跡がくっきり残っていたけど、今日はあまりはっきりとは残っていなかった。ただ、カモシカの足跡やイノシシのラッセル跡と思われるものは3年生も見ることができたし、テンの糞も落ちていたので、いろいろと動物たちが雪山を利用していることは観察できただろう。ただ、もう少し積雪が増えると、標高が高いところのカメラは設置位置を高くしないと埋もれてしまいそう。ただ、積雪時でも意外とセンサーの誤作動は少ない様子だったので、この冬はできるだけ自動撮影調査を継続してみたい。通常の倍以上の時間をかけてカメラの交換作業を終了。来月も良い天気の日に調査できるといいけどなあ。

P1030302.jpg

P1030297.jpg

P1030353.jpg

P1030471.jpg

P1020276.jpg

P1040251.jpg

先日、バードリサーチ誌に掲載されたヒメアオキの論文が紹介されていたのでメモ。雑誌サイトでこのような形で紹介していただけるのはうれしい。
https://db3.bird-research.jp/news/201712-no1/

これまでの卒業研究はほとんど石川県立自然史資料館の研究報告に投稿していたけど、何か鳥に絡む卒研ネタがあれば、またバードリサーチに投稿してみようと思います。

昨日で11月中に引き受けた査読をようやく片づけたと思ったら、査読レポートを返却したばかりの雑誌から別の論文の査読依頼。このネタの査読依頼なら仕方がないので、ポチッと引き受ける。来年までに持ち越したくないので、今年中に仕上げたい。

コメント(0) 

散布もするし、破壊もするらしい [日常]

朝一番に実験室のヤマナメクジたちのミズゴケを洗い、エノキを給餌して、飼育環境を整える。気温が下がってきたので、そろそろ餌の量は減らしても良いかもしれない。生態学会の自由集会でこの子達の発表をする予定だったのだけど、初日の代議員会ともろかぶり。とりあえず発表スライドは準備するけど、自分で話せるかどうかは微妙なところ。でも今年、卒論で取り組んでいるネタでもあり、ナメクジやカタツムリの種子散布に注目した研究の現状はまとめておきたい。この冬に論文、読みまくろう。

昨日、林業試験場で調査しているイチョウの周りをウロウロして、見つけたクマ糞から回収したギンナンを計数。全部で31個の糞をチェックしたけど、2015年に見たときよりも糞あたりの種子数が少ない気がする。あと、今年は明らかに外種皮を食べたのではなく、ギンナンを破壊した糞が2個あったので、こちらは全て回収して、実験室内で洗浄してみた。

PB290433.jpg
ストックバック中サイズに半分くらい

PB290434.jpg
割り箸で中身をほぐしたところ

PB290440.jpg
ぬるま湯で洗浄中

PB290441.jpg

PB290447.jpg
洗浄後

PB290444.jpg
バリバリに噛み割ってある

PB290445.jpg
破壊されていないものもある

イチョウ以外にはサルナシやケンポナシを含んだ糞もあったが、こちらは1個ずつ。今年はやたらとイチョウを食べているらしい。毎晩、親子で撮影されていた個体の糞だったのだろうか。

PB280409.jpg
見た目はほぼキウイジャム

PB280423.jpg
ケンポナシがいっぱい

ドングリとかバリバリ食べているので、ギンナンを食べないのはちょっと不思議だったのだけど、食べないわけではなさそう。

週末に新潟で開催される生態学会の中部地区会(http://www.esj.ne.jp/chubu/index.html)で発表する学生のポスターにコメント。実は私も初参加。うーん、研究のまとめを一番右下におくのは見にくいんじゃないかな?多分、鳥の研究者は少ないだろうから、あまり細かく鳥種を紹介するよりは、メインの種子散布者以外はその他にしてまとめて提示しても問題ないんじゃないかな。後は明日と明後日の二日間で発表原稿をしっかり作成して、5分位で研究概要を説明できるように練習してもらう。

マレーシア滞在中にやってきた担当編集依頼とか査読依頼の論文にもようやく目を通すことができた。ちょっと専門が外れているから、ここ数年の論文を読んでみて考えよう。
コメント(0) 

会議で終わった一日 [日常]

午前中に来年度の学内イベントの打ち合わせ。高校生相手の実習だと何をネタにしたらよいのか悩ましいところだけど、高校生物では知識として習うけど、実際に目にすることが少ない生物を見てみることで決まりそう。まあ、農業ともかかわりがあるし、マメ科植物はどこにでも生えているから、自分で採集してもらうのと実験室内での観察を組み合わせたらよいでしょう。

昼食後は来月の生態学会の理事会の事前打ち合わせ。今回はスカイプ経由で京都事務局に集合したメンバーといろいろと検討。1か月以上前に整理した情報は、MLに流してしまうと忘れてしまっている。自分のした作業なのに思い出すのに時間がかかる。寝かせておいてよいアイデアが浮かぶ場合もあるけど、この辺の事務仕事に関しては、プログラミングと一緒で未来の自分のことを考えて、メモを残しておいたほうがよさそう。まあ忘れないうちに一気に仕上げてしまえばよいんだろうけど。

来年の生態学会は自分のポスター発表はヒメアオキ、学生のポスター発表はカントウマムシグサと両方とも石川県での研究ネタ。あと自由集会が採択されれば、ナメクジの種子散布の話題提供もする予定。もっとも、自由集会は理事会とかと重複する可能性もあるので、発表できるのかどうか怪しいけど、レビューだけでもしっかりやっておかねば。

来月も理事会前に事前打ち合わせの予定。12月はいろいろ予定があるなあ。とりあえず12月の最初は中部地区会の総会に初参加の予定。研究室の学生も発表してもらうことにしたけど、卒論をまとめる前にはちょうど良い機会かもしれない。あと1か月でしっかり図表をまとめてもらいましょう。

今回の連休中に石川県立自然史資料館の企画展(冬虫夏草展−昆虫と菌類の不思議な世界−)に行く予定。

コメント(0) 

石川県哺乳類研究会に参加した [日常]

さすがに視察の移動で疲れたので、朝はのんびりと起床。朝のうちにいろいろと片づけ物を終わらせて、体をほぐしに子供とプールに出かける。温水プールとはいえ、さすがに長時間は寒いので、ほどほどにして帰る。

午後から石川県哺乳類研究会の総会が開催されるので、お弁当を持って、研究室に向かう。たまっていたメールのうち、急ぎのものは返信して、その後は同行者から送られてきていた報告書の内容確認。視察に行ったものの、この内容を生かした形のコース設計にまで持ちこめるかは難しいところ。少し写真を並べ替えたりして、全体の体裁を整えて返信。その後、使用する会議室にプロジェクターとPCを設置して、あとは部屋を空けておく。開始時間の2時までに時間があったので、研究室のヤマナメクジたちにエノキを与える。

2時から予定通り総会がスタート。石川県内の哺乳類の情報はこの会に参加したときに聞くくらい。最近は登山客や観光客が気軽に写真を撮影して、報告することができる。真面目にシステムの構築に取り組めば、もう少し希少種の情報を集めることができるかもしれない。しかし、哺乳類研究会もメンバーの年齢構成が非常に高い方に偏っているので、現在改訂作業中のレッドデータの作業を次は誰がやることができるだろうか。

最初は石川県の大型哺乳類の現状について、Nさんからの報告。行政データとして収集されているものだけど、管理計画に利用している個体数推定や分布拡大情報などが紹介される。参加者からニホンカモシカの推定値はかなり古いので更新が必要とのコメント。

次は環境アセス絡みで行われているコウモリ調査。タイ南部にいたころにコウモリ調査をちょっとだけ手伝ったことがあるけど、カスミ網に絡んだ個体を外すのは結構大変だった覚えがある。ハープトラップって普通に使われているのか。コウモリでも音で誘引するようなことが行われているらしい。ちょっと驚いたのはコウモリの寿命。こんな体サイズなのに、寿命は長いのね。いろいろ個体識別で来ているので、個別データをしっかり解析すると面白そう。

最後は能登半島のコウモリ相の調査の話題提供。海外の風発ではコウモリがぶつかる場合もあるらしい。森林性のコウモリは調査がなかなか難しいようす。確かにねぐらを頻繁に変更すると追跡調査は難しいだろうな。人工ねぐらなどを利用するような仕組みを作ることができれば、面白いことがわからないだろうか。実はかなり移動している可能性も高そう。ほとんど聞いたことがないコウモリ調査の実際をじっくりと聞くことができてよかった。

コメント(0) 

豊岡から青垣へ [日常]

5時半ごろに目が覚めたけど、うだうだして過ごす。6時半ごろからニュースを見ながら、メールをチェックして、急ぎのものに返信しておく。昨日の飲み会でも話題になっていた対馬のカワウソはユーラシアカワウソだったらしい。まあ、そうだわな。7時に朝食にでかけて、予定通り8時10分にロビーに集合して、レンタカー屋さんへ移動。雨はほとんど降っていなかった。目的地に着く前に稲刈り後の田んぼにいたコウノトリを観察。雨が降りそうだったので、双眼鏡とかCoolpixも持ってくればよかったかな。

最初にこちらの施設の成り立ちについて、いろいろと情報を教えていただき、その後は実際に施設内を見学して、あっという間に2時間半ほどが経過。以前にも来たことはあるけど、今まで見学したことのない場所もあったし、この数年間にいろいろと変わっているところもあったので、来てみてよかった。裏山はシカがたくさん出るとの話だったけど、実際、車での移動中に10頭ほどの群れが道路を通過していくのを見ることができた。石川県では見られない光景だなあ。

その後は午後に訪問する施設のある青垣に向けて車で移動。途中、円山川沿いでコウノトリを見かけなかったけど、白いサギと黒いカワウのコントラストがなかなかきれいだった。途中、昼食を済ませて、目的地近くの道の駅で時間調整。でも時間調整せずにさっさと目的地を訪問してしまえばよかったのかも。わたしはここに来たのは初めて。まあ、車がないとなかなか来るのは難しい場所でもある。

こちらでも施設の成り立ちについて、いろいろと情報を教えていただき、その後は施設内を見学して、あっという間に2時間半ほど経過。獣害対策の話は聞いてはいたけど、具体的な中身はよく知らなかったこともあった。まあ、いろいろと悩ましい問題もありそうだけど、同じような問題は石川県でも生じることはあるだろう。ただ、石川県では獣害による被害金額が兵庫県よりも格段に少ないので、なかなか同じような対応をするのは難しいだろう。以前、兵庫にいたころに廃棄処分になるところだったタイリクオオカミのはく製がきれいに飾られていた。日本の哺乳類と比べるとずいぶんと大きい。

予定よりも遅くなったけど、福知山に向けて出発。カーナビが示す最短距離を進んでいくと峠越えのずいぶんと狭い山道だった。まあ、明るい時間帯でないと運転する気にならないような道だった。兵庫県から京都府に入ったら、道がきれいになった。福知山でレンタカーを返却して、電車の切符を変更して、特急きのさきで京都に向かう。車内で今日の視察内容を簡単にメモしなおして、あとは日記にメモしておく。もうちょっと写真をいろいろと撮影しておけばよかったかもしれないけど、まあ、いいか。

問題は今日の視察内容をこれからの大学運営にどの程度生かすことができるのかだけど、すぐには結果が出そうにないものばかりなので、なかなか難しいところ。
コメント(0)